>>白書情報に戻る


「平成19年度 水産の動向」及び「平成20年度 水産施策」

第1部 水産の動向

はじめに

【参考となるホームページ】

トピックス −水産この一年−

1 燃油価格の高騰による影響〜

2 鯨類の持続的な利用に向けて

3 ワシントン条約第14回締約国会議 〜適切な漁業管理と国際取引の規制を通じた水産資源管理の強化を目指して〜

4 我が国周辺水域のクロマグロ資源の合理的な利用に向けて 〜「我が国周辺クロマグロ資源の利用に関する検討会」〜

5 マグロ養殖業への期待

6 異業種との連携で広がる新ビジネスの可能性 〜漁業と漁村を元気にする、新ビジネスを支援〜

7 海洋基本法が制定

I 特集 伝えよう魚食文化、見つめ直そう豊かな海

1 伝えよう、魚食文化

2 見つめ直そう、豊かな海

3 我が国の豊かな海の再生に向けて

II 平成18年度以降の我が国水産の動向

1 我が国の水産物の需給

2 我が国漁業をめぐる国際動向

3 漁業経営

4 安全で活力ある漁村づくりと水産業・漁村の多面的機能の発揮

むすび

参考図表

I 水産基本指標

II 水産物需給

III 国 際

IV 漁業経営・生産構造

V 漁村

第2部 平成19年度 水産施策

I 概説

1 施策の重点

2 法制上の措置

3 財政上の措置

4 金融・税制上の措置

II 低位水準にとどまっている水産資源の回復・管理の推進

1 水産資源に関する調査及び研究の推進

2 我が国の排他的経済水域等における資源管理

3 公海域を含む国際的な資源管理の推進

4 海外漁場の維持・開発と国際協力の推進

5 海面・内水面を通じた水産動植物の生育環境の改善と増養殖の推進

III 国際競争力のある経営体の育成・確保と活力ある漁業就業構造の確立

1 我が国水産業の将来展望の確立

2 国際競争力のある経営体の育成・確保に向けた施策の集中

3 漁業生産資材の生産・流通・利用の合理化の促進

4 漁業保険制度の適切な運用

5 活力ある漁業就業構造の確立

IV 水産物の安定供給を図るための加工・流通・消費施策の展開

1 産地の販売力強化と流通の効率化・高度化

2 水産加工による付加価値の向上

3 小売部門の強化

4 水産物の輸入の確保と輸出戦略の積極的な展開

5 消費者との信頼のネットワークの構築を通じた水産物消費の拡大と食育の推進

V 水産業の未来を切り拓く新技術の開発及び普及

1 現場のニーズに対応する新技術の開発及び普及

2 バイオマス資源の利活用の促進

3 知的財産の創造・保護・活用

VI 漁港・漁場・漁村の総合的整備と水産業・漁村の多面的機能の発揮

1 力強い産地づくりのための漁港・漁場の一体的な整備

2 安全で活力のある漁村づくり

3 漁業と海洋性レクリエーションとの調和がとれた海面利用の促進

4 水産業・漁村の有する多面的機能の発揮

VII 水産関係団体の再編整備

1 漁業協同組合系統の組織・経営・事業の改革

2 その他の水産関係団体の再編整備

VIII その他重要施策

1 生物多様性保全施策の推進

2 WTO交渉への取組

3 EPA/FTAを含む経済連携への取組

4 政策ニーズに対応した統計の作成と利用の推進

IX 水産に関する施策を総合的かつ計画的に推進するための取組

1 メリハリの効いた分かりやすい政策体系の構築と透明性の確保

2 消費者・国民の視点を踏まえた公益的な観点からの施策の展開

3 事業者や産地の主体性と創意工夫の発揮の促進

4 財政措置の効率的かつ重点的な運用

5 改革の工程管理・施策の改善と効果的・効率的な施策の推進体制の構築

平成20年度 水産施策

I 概説

1 施策の重点

2 財制上の措置

3 金融・税制上の措置

II 低位水準にとどまっている水産資源の回復・管理の推進

1 水産資源に関する調査及び研究の推進

2 我が国の排他的経済水域等における資源管理

3 公海域を含む国際的な資源管理の推進

4 海外漁場の維持・開発と国際協力の推進

5 海面・内水面を通じた水産動植物の生育環境の改善と増養殖の推進

III 国際競争力のある経営体の育成・確保と活力ある漁業就業構造の確立

1 国際競争力のある経営体の育成・確保に向けた施策の集中

2 漁業生産資材の生産・流通・利用の合理化の促進

3 漁業保険制度の適切な運用

4 活力ある漁業就業構造の確立

IV 水産物の安定供給を図るための加工・流通・消費施策の展開

1 産地の販売力強化と流通の効率化・高度化

2 水産加工による付加価値の向上

3 小売部門の強化

4 水産物の輸入の確保と輸出戦略の積極的な展開

5 消費者との信頼のネットワークの構築を通じた水産物消費の拡大と食育の推進

V 水産業の未来を切り拓く新技術の開発及び普及

1 現場のニーズに対応する新技術の開発及び普及

2 バイオマス資源の利活用の促進

3 知的財産の創造・保護・活用

VI 漁港・漁場・漁村の総合的整備と水産業・漁村の多面的機能の発揮

1 力強い産地づくりのための漁港・漁場の一体的な整備

2 安全で活力のある漁村づくり

3 漁業と海洋性レクリエーションとの調和がとれた海面利用の促進

4 水産業・漁村の有する多面的機能の発揮

VII 水産関係団体の再編整備

1 漁業協同組合系統の経営・事業の改革

2 その他の水産関係団体の再編整備

VIII その他重要施策

1 生物多様性保全施策の推進

2 WTO交渉への取組

3 EPA/FTAを含む経済連携への取組

4 政策ニーズに対応した統計の作成と利用の推進

IX 水産に関する施策を総合的かつ計画的に推進するための取組

1 メリハリの効いた分かりやすい政策体系の構築と透明性の確保

2 消費者・国民の視点を踏まえた公益的な観点からの施策の展開

3 事業者や産地の主体性と創意工夫の発揮の促進

4 財政措置の効率的かつ重点的な運用

5 改革の工程管理・施策の改善と効果的・効率的な施策の推進体制の構築