ホーム > 漁業監督課の業務 > 漁業取締航空機


ここから本文です。

漁業取締航空機

水産庁では漁業取締船による海上での取締りの他に、航空機を用いて空からの取締りを行っています。
日本周辺海域に加え、国連決議で禁止されている公海における流し網漁業の実態把握及び取締りも行っています。
航空機による漁業取締りは、短時間で遠距離の漁場を監視することができ、違法操業を行っている漁船の証拠収集を迅速に行えるため、非常に有効な取締り手法となっています。

 

「セスナ式C560型」

ジェット小

「ビーチクラフト式B200型」

双発小

お問い合わせ先

北海道漁業調整事務所漁業監督課
ダイヤルイン:011-709-2384
FAX:011-709-2394

事務所案内

リンク集