ホーム > 漁業監督課の業務 > オホーツク海域における取締り


ここから本文です。

オホーツク海域における取締り

オホーツク海域における取締りについては、我が国漁船の漁具被害防止のための監視・操業指導に加え、外国からやってくるカンボジア船籍運搬船などのFOC船(便宜置籍船)の監視・取締りを行っています。

オホーツク海域はかに類などの好漁場ですが、FOC船は周年に渡って同海域を航行しており、貨物を輸送すると偽ってかに篭漁業を営み、密漁しているケースがあります。
現に、平成24年から継続して、当事務所がオホーツク海において外国漁船が違法に敷設したと思われるかに篭を押収しており、また、平成25年11月には航空機取締中、同海域においてカンボジア船籍の運搬船が違法操業を行っているところを現認し、海上保安庁と連携して船長を逮捕するといった事例もありました。

 

カンボジア船籍の運搬船

FOC船

違法敷設漁具押収作業

引き揚げ中のかご

 

違法敷設漁具に入っていたカニ

山積みのかに

 

違法操業を行っているFOC船

違法操業中の外国漁船

お問い合わせ先

北海道漁業調整事務所漁業監督課
ダイヤルイン:011-709-2384
FAX:011-709-2394

事務所案内

リンク集