ホーム > 漁業監督課の業務 > その他取締業務


ここから本文です。

その他取締業務

北海道漁業調整事務所ではこれまでに紹介してきた内容の他、様々な取締業務を行っています。

1.我が国漁船に対する指導・取締り
     北海道周辺海域で操業する全ての我が国漁船に対し、操業区域や操業条件等のルールを守るよう指導、取締りを行っています。

沖合底びき網漁船

沖底船

いか釣り漁船

いか釣漁船

 

2.隣国から水産物を運ぶ外国貨物船等の形状確認
     日本の港に初めて入港する水産物運搬船について、外規法第2条7項に定義される「外国漁船」であるか否かの判断をするため、船舶代理店からの依頼により、必要書類の確認後に担当官が直接当該船舶の漁撈設備の有無を確認しています。

船上での形状確認

形状確認

船上での形状確認

形状確認2

 

3.ロシア連邦水域で漁業を営む我が国漁船への検査
     ロシア連邦の水域で操業を行っているさけ・ます漁業や北転船の水揚げに際し、決められた漁獲量や手続き等が適正に守られているか検査を実施しています。

さけ・ますの水揚げ

さけます船

漁獲の検量

検量中

お問い合わせ先

北海道漁業調整事務所漁業監督課
ダイヤルイン:011-709-2384
FAX:011-709-2394

事務所案内

リンク集