English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 分野別情報 > 漁港・漁場・漁村の整備 > テーマ別の取組 > 自然環境に配慮した漁港・漁場の整備


ここから本文です。

自然環境に配慮した漁港・漁場の整備

   漁港漁場整備部では、水産資源の持続的な利用や豊かな自然環境を次世代へ継承するため、漁港や漁場の整備に当たっては、実施箇所や周辺の自然環境に対する影響に十分配慮し、影響の低減に結びつく施設づくりを推進するとともに、漁場の生産力の回復や水産資源の生息場の環境修復なども積極的に推進しています。


例えば

従来のコンクリートで固めた防波堤から、海藻の繁茂した水産動植物が生息できる防波堤へ積極的に転換しています。

海藻の繁茂した水産動植物が生息できる防波堤へ

獲る漁場の整備から、積極的な漁場環境の保全・創造と基礎生産力の向上を目的とした、水産動植物を育む「海の森づくり」を推進します。

海の森づくり

リンク集


アクセス・地図