English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 分野別情報 > 漁港・漁場・漁村の整備 > テーマ別の取組 > 都市と漁村の交流の促進


ここから本文です。

都市と漁村の交流の促進

   

   水産業や漁村は、新鮮な地域の水産物を提供するほか、国民への健全な海洋性レクリエーションの場の提供、漁業活動等を通じた沿岸域の環境保全や地域色豊かな食文化・伝統行事の継承など様々な役割を果たしています。

   子どもたちの体験活動をはじめとする都市と漁村の共生・対流は、このような水産業・漁村の役割に対する国民の理解と関心を深めるとともに、漁村に人を呼び賑わいをもたらすことになるものです。

   このため、農林水産省においては、水産に関する施策の基本的事項を定めた水産基本法において国の果たす役割の一つとして「都市と漁村の交流の促進等」を掲げ、関係施策を推進しています。

   具体的には、都市部に比べ立ち遅れた漁村の生活環境の改善を図るとともに、

(1)子どもたちの漁業体験の場の整備等漁業協同組合や地方公共団体が取り組む都市との交流を促進するために必要な施設整備、

(2)漁業体験活動等地域の特性に応じた都市漁村交流活動支援、

(3)情報収集、発信等都市漁村交流に関する普及啓発(漁村へGO!  のHPへ(外部リンク))

等に取り組んでいるところです。都市住民を含めあらゆる世代のライフステージに対応できる魅力ある漁村づくりを通じて、都市と漁村の共生・対流を推進します。


美しい自然を持ったふるさとの提供

共生・対流の効果

都市住民が漁村に訪れることについての漁業者の意識

都市住民が漁村に訪れることについての漁業者の意識

消費者が興味のある漁村との関わり方

消費者が興味のある漁村との関わり方

平成14年農林水産省「都市と漁村の交流に関する意識・意向」全国アンケート結果から

リンク集


アクセス・地図