English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 分野別情報 > 漁港・漁場・漁村の整備 > テーマ別の取組 > 多様な効果を発揮した漁港・漁場・漁村整備の事例 > つくり育てる漁業の推進事例(北海道サロマ湖)


ここから本文です。

つくり育てる漁業の推進事例(北海道サロマ湖)

航路の整備が契機となってサロマ湖の環境保全・創造が図られ、 ホタテ・カキ等のつくり育てる漁業が発展。〔北海道サロマ湖〕

  北海道における一大生産拠点であるサロマ湖内では、ホタテ(ホタテ稚貝を含む)・カキの養殖と稚貝の外海への放流によるつくり育てる漁業が盛んである。

  沖合い漁業の前進基地、避難港として、サロマ湖漁港ではサロマ湖と外海を結ぶ湖口を安定させて安全な航路にする整備を実施している。航路の整備は外海水と湖内水の交換が改善され、湖内の漁場環境の向上をもたらし、当地区の漁業生産の増大に貢献している。また、流水の流入防止施設の整備は、流氷による養殖施設等の被害を解消して、漁業生産の効率化に貢献している。


サロマ湖漁港の航路(港口)と流氷流入防止施設

調査結果

サロマ湖の環境保全・創造の取組

リンク集


アクセス・地図