English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 分野別情報 > 漁港・漁場・漁村の整備 > テーマ別の取組 > 多様な効果を発揮した漁港・漁場・漁村整備の事例 > 水産と観光の調和を目指した整備の事例(神奈川県三崎漁港)


ここから本文です。

水産と観光の調和を目指した整備の事例(神奈川県三崎漁港)

流通加工機能の集約エリアとふれあい施設エリアをゾーン区分した整備により、 水産と観光との調和を目指した漁港づくりを実現(神奈川県三崎漁港)

  三崎漁港は、多目的な利用ニーズがあるため水産業に用いる場と都市住民のふれあいの場をゾーン区分して整備しました。

  水産業に用いる場として新港に市場や超低温冷蔵庫等の流通加工施設を集約的に整備しました。これにより、確保された泊地水域では、ハマチなどの蓄養利用が促進されました。また都市住民のふれあいの場として、旧市場の移転跡地に地場産品の販売や情報発信施設を整備しました。さらに、交流広場・遊歩道等の環境整備と併せて、プレジャーボートの一時係留施設を開設しました。これにより来遊客数が増加しました。

三崎漁港完成予想図

ハマチ等蓄養利用の促進

  流通加工機能の集約によって確保された泊地水域では蓄養利用が促進された。四国方面から首都圏に向けたストック基地としての機能を発揮している。

属地蓄養魚陸揚量の変化

来訪者数の推移

  流通加工機能の集約により確保された都市住民のふれあいの場やプレジャーボートの一時係留施設によって、当該地区への来訪者数が増加している。

三浦地区来訪者数

リンク集


アクセス・地図