English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 分野別情報 > 漁港・漁場・漁村の整備 > 漁港漁場情報箱 > 国が策定した特定漁港漁場整備事業計画 > 特定漁港漁場整備事業計画の軽微な変更(概要)


ここから本文です。

特定漁港漁場整備事業計画の軽微な変更(概要)

 八戸地区特定漁港漁場整備事業計画の変更(平成26年3月6日)

(1)東日本大震災からの復旧等に時間を要したことから、計画期間を延長。

 砂原地区特定漁港漁場整備事業計画の変更(平成25年7月18日)

(1)衛生管理対策の強化を図るための岸壁の屋根掛け範囲の見直し、海水交換機能付き護岸のボックスカルバート化等による計画事業費増等。

 美国地区特定漁港漁場整備事業計画の変更(平成25年7月18日)

(1)衛生管理対策の強化を図るため、荷さばき所前面の-3.0m岸壁を屋根付き岸壁として改良すること並びに漁業財産の保全と利用者の安全性の確保を図るため、北護岸を背後用地等の安全利用の堅持を条件とした設計水準とすることによる計画事業費増等。

 久遠地区特定漁港漁場整備事業計画の変更(平成25年3月7日)

(1)北防波堤の越波に対する整備水準の向上、南防波堤に消波工を付与する構造を採用したことにより、計画事業費増。

 羅臼地区特定漁港漁場整備事業計画の変更(平成24年12月18日)

(1)人工地盤上に配置されている漁港環境整備施設用地を駐車場に変更。

(2)用地の舗装整備の数量増。

 臼尻地区特定漁港漁場整備事業計画の変更(平成23年4月1日)

(1)臨港道路の計画ルート等の変更。

 函館地区特定漁港漁場整備事業計画の変更(平成22年7月30日)

(1)-3.0m岸壁の計画法線、計画延長を変更。

(2)-3.0m岸壁の変更に伴い-3.0m泊地についても施行範囲を変更。

 寿都地区特定漁港漁場整備事業計画の変更(平成22年5月12日)

(1)水産物流通拠点漁港として漁港内の作業環境及び動線の効率化を図るべく、衛生管理施設の配置と動線の見直しを行うこととし、道路及び用地の計画数量を変更。

 雄冬地区特定漁港漁場整備事業計画の変更(平成21年4月24日)

(1)岸壁上における漁獲物の陸揚~出荷までの作業において、水産物への異物混入防止等、衛生管理に資する暴風雪施設(屋根施設)を-3.0m岸壁の附帯施設として追加整備。

(2)港内道路が既定計画に位置づけられている用地改良と隣接し、一体的な整備が効率的であることより、道路の計画延長増。

 落石地区特定漁港漁場整備事業計画の変更(平成21年4月24日)

(1)異常時波浪に対し安全に避難、係留可能な水域を確保するための整備。

(2)落石防護柵を用地に整備することとし、用地(改良)の計画数量増。

(3)これまで完了した施設の事業費を精算し、今回変更施設の事業費を追加して全体計画事業費を見直し。

 ウトロ地区特定漁港漁場整備事業計画の変更(平成21年4月3日)

(1)人工地盤上に配置されている漁港環境整備施設用地を廃止し、駐車場に充てる。

 古平地区特定漁港漁場整備事業計画の変更(平成20年1月21日)

(1)地域の拠点的役割を果たすべき漁港として異常時波浪に対し安全に避難、係留可能な水域を確保し、その役割を早急に強化する必要があることから、中突堤の整備を追加。

 苫前地区特定漁港漁場整備事業計画の変更(平成19年2月1日)

(1)利用漁船の大型化に伴い出入港時の回頭が季節風の影響を回避するため、防波堤背後の静穏域で行われるように変化したことから、漁船の航行安全を図るため航路法線の見直し。その他、事業精査により数量を変更する。

 羅臼地区特定漁港漁場整備事業計画の変更(平成18年3月31日)

(1)現行計画の全天候ふ頭の詳細検討を行った結果、護岸部の安定構造確保のための変更を実施。

 長崎地区特定漁港漁場整備事業計画の変更(平成17年7月27日)

(1)三重地区において、臨港道路畝刈時津線の鳴鼓トンネル補修及び浮桟橋の許容能力が低いため、浮桟橋6基の改良を実施。

 久遠地区特定漁港漁場整備事業計画の変更(平成17年1月17日)

(1)衛生管理型漁港施設の整備に伴い道路及び用地の配置・規模を見直し。

 大島地区特定漁港漁場整備事業計画の変更(平成17年1月17日)

(1)模型実験により北防波堤の安定性を検討した結果、配置・延長を変更。

 様似地区特定漁港漁場整備事業計画の変更(平成16年3月31日)

(1)沖波の見直しにより防波堤の構造形式を再検討した結果、配置・延長を変更。

 能取地区特定漁港漁場整備事業計画の変更(平成15年3月18日)

(1)能取地区-2.0m物揚場を70mから83mに変更増、卯原内地区の-2.0m物揚場を90mから107mに変更増。

 福島地区特定漁港漁場整備事業計画の変更(平成15年3月18日)

(1)福島漁港における東防波堤の配置に関する変更。

 歯舞地区特定漁港漁場整備事業計画の変更(平成15年3月18日)

(1)静穏シミュレーション計算の結果、現行の法線から陸側35℃傾けた方が静穏度向上が発揮できることから、東内防波堤の配置を変更。

 三石地区特定漁港漁場整備事業計画の変更(平成15年3月18日)

(1)船揚場一式(上架施設付き斜路)の施設配置を変更。

 東浦地区特定漁港漁場整備事業計画の変更(平成15年3月18日)

(1)南防波堤及び南護岸の施設整備を新たに計画を追加し、老朽化対策として全面的な補修事業を実施する。

 臼尻地区特定漁港漁場整備事業計画(平成15年3月18日)

(1)野積場用地の整備面積を3,250m2から3,870m2に増。

 

リンク集


アクセス・地図