English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 調達情報 > 補助事業参加者の公募 > 平成20年度活力ある漁村づくりモデル育成事業の公募について


ここから本文です。

公示

平成20年度活力ある漁村づくりモデル育成事業の公募について

平成20年度において実施予定の「活力ある漁村づくりモデル育成事業」の事業実施主体を公募しますので、本事業の実施を希望される方は、下記に従いご応募ください。なお、本公募は、平成20年度政府予算原案に基づいて行うものであるため、成立した予算の内容に応じて、事業内容、予算額等の変更があり得ることにご留意願います。

1、事業の趣旨

地域資源を活用した新たな産業構造の形成や都市と漁村の共生・対流など、漁村に対する新たなニーズに的確に対応し、また、地域が創意工夫し地域自ら考え行動する意欲的で先導的な取組を促進するため、企画提案により先進的な地域ぐるみの取組を選定しモデル事業として、支援を行います。併せて、別途実施する、活力ある漁村づくり促進事業(以下「委託事業」という。)と連携し、活力ある漁村づくりのモデルとして構築、モデルの普及を図ることにより地域の特性を活かした活力ある漁村づくりを全国的に推進し、漁村の地域力向上を目的としています。

2、事業の概要

ア 漁村活性化育成モデル

本事業において対象とする取組は、漁村の活性化に資するもので、地域が主体性をもって、一体的に活動する取組で先進的かつ他地域への波及効果が高い取組等とし、テーマは次のいずれかとします。

(ア)地域資源を活用した新たな産業構造の形成、(イ)都市と漁村の共生・対流の促進、(ウ)資源環境、環境保全への対応、(エ)その他漁村活性化のインセンティブとなるもの

イ 地域再生・活性化育成モデル

本事業において対象とする取組は、過疎化が進んでいる地域において、若年層の流出防止やUJIターンの推進等の過疎対策に資するもので、地域が主体性をもって一体的に活動する取組で先進的かつ他地域への波及効果が高い取組とします。ただし、応募団体の要件にご注意ください。

詳細については、活力ある漁村づくりモデル育成事業に係る公募要領(PDF:47KB)を参照願います。

3、応募資格及び応募方法

活力ある漁村づくりモデル育成事業に係る公募要領をご参照願います。

4、公募の期間

公募の期間は平成20年3月12日(水曜日)から平成20年4月11日(金曜日)午後5時までとします。

5、補助金交付候補者の選定方法

(1)活力ある漁村づくりモデル育成事業に係る公募要領に基づき、提出された課題提案書等について書類審査、課題提案会等の審査を行い、補助金交付候補者を選定します。
(2)(1)の課題提案会は、有効な課題提案書等を提出した者を対象として開催します。
(注)課題提案書等の提出状況により開催しない場合があります。

6、補助事業の条件を示す場所及び日時

(1)日時:平成20年3月12日(水曜日)から平成20年4月11日(金曜日)(月曜日から金曜日(祝祭日を除く))
午前10時~午後5時(正午~午後1時を除く)
(2)場所:水産庁漁港漁場整備部防災漁村課環境整備班(北別館8階、ドア番号「北810」)

7、課題提案書等の提出期限及び提出場所

(1)提出期限:平成20年4月11日(金曜日)午後5時必着
(2)提出先:東京都千代田区霞が関1-2-1
水産庁漁港漁場整備部防災漁村課環境整備班(北別館8階、ドア番号「北810」)

8、課題提案書等の無効

本公示に示した応募資格を満たさない応募者の課題提案書等は無効とします。

9、その他

本公示に記載なき事項は、活力ある漁村づくりモデル育成事業に係る公募要領によります。

10、問い合わせ先

〒100-8907

東京都千代田区霞ヶ関1-2-1

水産庁漁港漁場整備部防災漁村課環境整備班(北別館8階、ドア番号「北810」)

電話:03-6744-2392

FAX:03-3581-0325

担当:課長補佐 高原、計画係長 水浦

以上公示する。

平成20年3月12日

水産庁長官

山田修路

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図