English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 調達情報 > 補助事業参加者の公募 > 平成25年度漁場環境・生物多様性保全総合対策事業のうち赤潮・貧酸素水塊対策推進事業の公募について


ここから本文です。

公示

平成25年度漁場環境・生物多様性保全総合対策事業のうち赤潮・貧酸素水塊対策推進事業の公募について

    平成25年度において実施予定の「漁場環境・生物多様性保全総合対策事業のうち赤潮・貧酸素水塊対策推進事業」の事業実施主体を公募しますので、本事業の実施を希望される方は、下記に従い御応募下さい。
    なお、本公募は、平成25年度政府予算原案に基づいて行うものであるため、成立した予算の内容に応じて、事業内容、予算額等の変更があり得ることに御留意願います。

1.事業の趣旨

    海域の富栄養化や水温上昇などを端緒として発生する    赤潮や貧酸素水塊による養殖魚介類や底生生物の大量へい死が問題視されています。
    また、冬季にはノリ養殖場では、ケイ藻赤潮等との競合により栄養塩が不足し、ノリの色落ち被害が発生するようになりました。
    このため、どのような状況で赤潮・貧酸素水塊が発生しても十分に対処しうる監視体制を構築するために必要となる効率的な連続観測技術の開発及び赤潮被害を受けた漁場の生産力を向上させるため、適正な栄養塩供給手法の開発等の漁場改善実証試験を支援することを目的とします。

2.事業の概要

ア    赤潮・貧酸素水塊広域連続観測技術の開発
    赤潮・貧酸素水塊の発生状況の適切な把握と予察のため、水温、塩分、クロロフィル、濁度、溶存酸素だけでなく、栄養塩(硝酸塩)などを広く観測できる連続観測装置(自動観測ブイ)の開発を行うとともに、広域の水質データを効率的に収集・公表するシステムの開発を支援する。また、カレニア赤潮が頻繁に発生する海域に水温ブイ及び多項目水質計を導入し、早期の発生監視体制の整備を目指す事業です。
    1)  設計、試作組立、性能試験
        水温、塩分、クロロフィル、濁度、溶存酸素、栄養塩(硝酸塩)などを連続観測できる自動観測ブイ、広域の水質データを効率的に収集・公表できるシステム、カレニア赤潮の発生監視のため導入する水温ブイ及び多項目水質計の設計、試作組立、性能試験などを行うものです。
    2)  実証試験
      実際に赤潮・貧酸素水塊が頻繁に発生している海域において、1)で製作した自動観測ブイ等の実証試験を行うものです。

イ    漁場生産力向上のための漁場改善実証試験
    ノリ養殖が行われる冬季には、ケイ藻赤潮等により栄養塩が不足し、ノリの色落ち被害が発生することから、ノリ養殖場の海域において、適正な栄養塩供給手法の開発などについて支援する事業です。
    1)漁場生産力低下の原因解明
      栄養塩の低下により、ノリの色落ち被害が発生するおそれのあるノリ養殖場がある海域における、漁場生産力低下の原因解明と漁場改善技術の開発を行うものです。
    2)  実証試験
        実際に、1)で開発した漁場改善技術手法を用いて、効果的な栄養塩供給手法の実証試験を行うものです。
    なお、上記ア及びイいずれかの事業単位毎に応募することも可能です。

3.応募資格及び応募方法

    平成25年度漁場環境・生物多様性保全総合対策事業のうち赤潮・貧酸素水塊対策推進事業に係る公募要領(PDF:393KB)を御参照下さい。
    応募様式はこちら(ワード:271KB)です。

4.公募の期間

    公募の期間は平成25年3月4日(月曜日)~平成25年4月2日(火曜日)午後5時までとします。

5.補助金交付金候補者の選定方法

(1)平成25年度漁場環境・生物多様性保全総合対策事業のうち赤潮・貧酸素水塊対策推進事業に係る公募要領に基づき、提出された課題提案書等について書類審査、課題提案会等の審査を行い、補助金交付候補者として応募があった事業単位毎に1者を選定します。
(2)(1)の課題提案会を開催する場合は、有効な課題提案書等を提出した者に対して、平成25年4月4日頃までに連絡します。

6.補助事業の条件を示す場所及び日時

(1)日時:平成25年3月4日(月曜日)~平成25年4月2日(火曜日)
                午前10時~午後5時(正午~午後1時を除く。)
(2)場所:水産庁漁港漁場整備部整備課内 民間団体補助金グループ
                (農林水産省本館8階ドアNo.本814)

7.課題提案書等の提出期限及び提出場所

(1)提出期限:平成25年4月2日(火曜日)午後5時必着とします。
(2)提出先:〒100-8907東京都千代田区霞が関1-2-1
                水産庁漁港漁場整備部整備課内 民間団体補助金グループ
                (農林水産省本館8階ドアNo.本814)

8.課題提案書等の無効

    本公示に示した応募資格を満たさない応募者の課題提案書等は無効とします。

9.その他

    本公示に記載なき事項は、平成25年度漁場環境・生物多様性保全総合対策事業のうち赤潮・貧酸素水塊対策推進事業に係る公募要領によります。

10.問い合わせ先

〒100-8907
      東京都千代田区霞が関1-2-1
      (課題提案書の提出に関すること)
        水産庁漁港漁場整備部整備課内 民間団体補助金グループ
        (農林水産省本館8階ドアNo.本814)
          電話: 03-3502-8111(内線6886)
          FAX: 03-3502-2668
          担当: 宮川(みやがわ)、吉田(よしだ)
      (事業の内容に関すること)
        水産庁増殖推進部漁場資源課漁場保全調整班(農林水産省別館8階ドアNo.別801)
          電話: 03-3502-8111(内線6802)
          FAX: 03-3592-0759
          担当: 宇津(うつ)、中瀬(なかせ)
      問い合わせは、月曜日~金曜日(祝祭日を除く。)で、午前9時30分~午後4時30分(正午~午後1時を除く。)までとします。

 

以上公示する。

平成25年3月4日

水産庁長官

本川  一善

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図