このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

平成29年度農林水産物・食品輸出促進緊急対策事業のうち日本発の水産エコラベル認証取得加速化事業の公募について

平成29年度農林水産物・食品輸出促進緊急対策事業のうち日本発の水産エコラベル認証取得加速化事業の実施について、事業実施候補者を公募しますので、本事業の実施を希望される方は、下記に従い御応募ください。
なお、本公募は、平成29年度第1次補正予算案に基づいて行うものであるため、成立した予算の内容に応じて、事業内容、予算額等の変更があり得ることに御留意願います。

1.事業の趣旨

2019年に国産水産物の輸出額を3,500億円(2012年 1,700億円)に増大とする「農林水産業・地域の活力創造プラン」(平成29年12月8日改訂)の政府目標を達成するため、我が国の実態に応じた我が国発の水産エコラベル認証の国内外への普及を加速化させるとともに、国内の漁業者や流通加工事業者等が国際的に通用する水産エコラベルの認証を取得しやすい環境を整備することが重要です。
この実現のため、水産エコラベル認証を取得しやすくするシステムの構築や事業者等に向けた研修会・講習会の開催、国内外への情報発信等に係る取組について支援します。

2.事業の概要

(1) 認証審査関係情報の収集システム及び入力データ利用システム構築
(2) 事業者等向け講習会及び認証審査員向け研修会の開催
(3) 海外専門家の招聘
(4) WEBコンテンツ等の作成による国内外への情報発信 

3.応募資格及び応募方法

平成29年度日本発の水産エコラベル認証取得加速化事業に係る公募要領(PDF : 366KB)(以下「公募要領」という。)、公募要領別紙様式(別紙様式1-1(WORD : 139KB)別紙様式1-2(WORD : 153KB)別紙様式1-2別添(WORD : 27KB)別紙様式1-3(WORD : 20KB))、公募要領別添(PDF : 220KB)を御参照ください。 

4.公募の期間

公募の期間は平成29年12月27日(水曜日)から平成30年1月17日(水曜日)までとします。

5.補助金交付候補者の選定方法

(1) 公募要領第10に基づき、提出された申請書類について書類審査、課題提案会等の審査を行った後、選定審査委員会による最終審査を行います。審査は、「2.事業の概要」の各項目ごとに実施し、それぞれ点数の最も高い者から予算の範囲内において順次補助金交付候補者として選定します。
また、提出された申請書類については、必要に応じて申請内容についての問合せ、追加資料の要求、事業実施計画等の修正、所要額の減額等を行うことがあります。

(2) (1)の課題提案会を行う場合には、有効な課題提案書等を提出した者に対して、平成30年1月18日(木曜日)12時までに連絡します。課題提案会に出席するための経費は応募者の負担とします。なお、特段の事由なく欠席された場合は、申請を辞退したものとみなします。
課題提案会を実施しない場合には連絡しません。

6.補助事業の条件を示す日時及び場所

日時:平成29年12月27日(水曜日)から平成30年1月17日(水曜日)まで
9時30分から18時15分まで(正午から13時までを除く。)
なお、課題提案書等の提出期限日は、15時までとします。
場所:水産庁漁政部企画課企画班(本館8階ドアNo.本867)

7.課題提案書等の提出期限、提出先及び提出部数

(1) 提出期限
提出期限は平成30年1月17日(水曜日)15時必着とします。
(2) 提出先
     〒100-8907  東京都千代田区霞が関1-2-1
     水産庁漁政部企画課企画班(本館8階ドアNo.本867)
(3)提出部数
     4部
提出された課題提案書等は返却いたしません。

8.課題提案書等の無効

本公示に示した応募資格を満たさない者の課題提案書等は無効とします。

9.その他

本公示に記載なき事項は、公募要領等によるものとします。

10.問い合わせ先

〒100-8907
東京都千代田区霞が関1-2-1   水産庁漁政部企画課企画班
(農林水産省本館8階  ドアNo.本867)
電話:03-6744-2343/FAX:03-3501-5097
担当:永田(ながた)、浜辺(はまべ)
問い合わせの受付は、「6.補助事業の条件を示す日時及び場所」に記載する日時と同様の期間とします。

 

以上公示する。

平成29年12月27日

水産庁長官

長谷成人

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader