このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

令和元年度バリューチェーン改善促進事業の公募について(三次公募)

   令和元年度において実施予定の「バリューチェーン改善促進事業」の事業実施主体を追加公募しますので、本事業の実施を希望される方は、下記に従い御応募ください。

1.事業の趣旨

   我が国漁業の成長産業化に向けて、品質面・コスト面等で競争力ある流通構造を確立するために、生産と加工・流通が連携してバリューチェーンの生産性を改善する取組について支援します。

2.事業の概要

   本事業では、生産、加工・流通、販売の各段階に所属する事業者又は団体、機関等3者以上により構成された協議会が、それら複数の段階における取組を組み合わせ、既存の水産物流通のバリューチェーンの生産性を改善する取組を支援します。

3.応募資格及び応募方法

    4.の募集期間中に、令和元年度バリューチェーン改善促進事業に係る公募要領(三次公募)に基づき課題提案書を作成し、7.の応募先に提出してください。

公募要領(三次公募)(PDF : 302KB)
課題提案書(WORD : 61KB)

4.公募の期間

  公募の期間は令和元年7月16日(火曜日)~令和元年8月23日(金曜日)午後5時までとします。

5.補助金交付候補者の選定方法

(1)令和元年度バリューチェーン改善促進事業に係る公募要領(三次公募)に基づき、提出された課題提案書等について書類審査、課題提案会等の審査を行い、その点数の最も高い者から予算の範囲内において順次補助金交付候補者として選定します。
(2)(1)の課題提案会を開催する場合は、有効な課題提案書等を提出した者に対して令和元年8月27日(火曜日)頃までに連絡します。
(注)課題提案会を開催しない場合には連絡しません。

6.補助事業の条件を示す場所及び日時

 (1)日時:令和元年7月16日(火曜日)~令和元年8月23日(金曜日)
        午前9時30分~午後6時15分(正午~午後1時を除く。)なお、課題提案書等の提出期限日は、午後5時までとします。
 (2)場所:水産庁漁港漁場整備部整備課内 民間団体補助金グループ
       (農林水産省本館8階ドアNo.本814)

7.課題提案書等の提出期限及び提出場所

 (1)提出期限:令和元年8月23日(金曜日)午後5時必着とします。
 (2)提出先:〒100-8907東京都千代田区霞が関1-2-1
   水産庁漁港漁場整備部整備課内 民間団体補助金グループ
        (農林水産省本館8階ドアNo.本814) 

8.課題提案書等の無効

 本公示に示した応募資格を満たさない者の課題提案書等は無効とします。

9.その他

 本公示に記載なき事項は、令和元年度バリューチェーン改善促進事業に係る公募要領(追加公募)によります。

10.問い合わせ先

〒100-8907
      東京都千代田区霞が関1-2-1
      【課題提案書の提出に関すること】
         水産庁漁港漁場整備部整備課内 民間団体補助金グループ
        (農林水産省本館8階ドアNo.本814)
          電話: 03-3502-8111(内線6886)
          FAX: 03-3502-2668
          担当: 寺島(てらじま)、石田(いしだ)
      【事業の内容に関すること】
         水産庁漁政部加工流通課調整班
        (農林水産省別館8階ドアNo.本870)
          電話: 03-3502-8111(内線6616)
          FAX: 03-3508-1357
          担当: 山田(やまだ)、水野(みずの)
           
問い合わせは、月曜日~金曜日(祝日を除く。)で、午前9時30分~午後6時15分(正午~午後1時を除く。)までとします。なお、課題提案書等の提出期限日は、午後5時までとします。

以上公示する。

令和元年7月16日

                                                                                                                                                水産庁長官
                                                                                                                                                   山  口   英  彰