このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

平成30年度水産多面的機能発揮対策支援委託事業の資料提供等の招請について

次のとおり調達役務の仕様書(案)の作成が完了したので、仕様書(案)に関する資料提供及び意見を招請します。

なお、本事業は、平成30年度政府予算原案に基づいて行うものであるため、成立した予算の内容に応じて、事業内容、予算額等の変更があり得ることにご留意願います。

1.件名

平成30年度水産多面的機能発揮対策支援委託事業

2.意見の提出方法

  (1)招請する資料等
            ア 仕様書案(PDF : 118KB)に対する意見及び参考資料
            イ 仕様書案及び意見に基づく参考見積
  (2)意見の提出期限
            平成30年1月26日(金曜日)午後5時(郵送の場合は必着のこと。)
  (3)提出先
            〒100-8907  東京都千代田区霞が関一丁目2番1号
            水産庁漁港漁場整備部計画課企画班 担当  稲田
            (農林水産省本館ドア番号本805)
            (直通)03-3501-3082
            (FAX)03-3581-0326

3.仕様書案の交付

  (1)交付期限  平成30年1月11日(木曜日)~平成30年1月26日(金曜日)
  (2)交付場所  上記2(3)に同じ。

4.仕様書案の説明会

  (1)開催日時  平成30年1月18日(木曜日)午前10時
  (2)開催場所  漁港漁場整備部第1会議室(農林水産省本館 ドア番号本875)

5.問い合わせ先

上記2(3)に同じ。

問い合わせは、月曜日~金曜日(祝祭日を除く。)で、午前10時00分~午後6時00分(正午~午後1時を除く。)までとします。

以上公告する。

平成30年1月11日

支出負担行為担当官

水産庁長官  佐藤  一雄

お知らせ

農林水産省の発注事務に関する綱紀保持を目的として、農林水産省発注者綱紀保持規程(平成19年農林水産省訓令第22号)が制定されました。この規程に基づき、第三者から不当な働きかけを受けた場合は、その事実をホームページで公表するなどの綱紀保持対策を実施しています。詳しくは、当省のホームページを御覧ください。