このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

UAE(ドバイ及びアブダビ)向けに輸出される水産物に関する証明書の発行について

産地証明書

ドバイ及びアブダビ向けに輸出される水産物について、福島県内での原子力発電所事故に伴う産地証明書の提出の義務付けは撤廃されました。

これに伴い、「輸出される水産物に関する原産地等の確認について」(平成23年4月22日付け23水漁第238号水産庁漁政部加工流通課長通知)のUAE向け様式は平成30年5月17日付けで削除しました。

放射性物質検査報告書

  • 福島県産の水産物については、放射性物質検査報告書(検査機関による英文の放射性物質検査結果)を輸出品に添付する必要があります。
  • 放射性物質に係る検査及びサンプリング等は「放射能検査について」をご覧ください。
  • 放射性物質検査を受ける場合には、各首長国に登録された検査機関でお願いします。
アブダビ首長国 登録された検査機関の一覧(PDF : 141KB)
ドバイ首長国 登録された検査機関の一覧(PDF : 136KB)

放射性物質基準

  • ヨウ素131:100 Bq/Kg
  • セシウム(セシウム134とセシウム137の合計):1,000 Bq/Kg

お問合せ先

漁政部加工流通課
担当者:輸出担当
代表:03-3501-1961(内線6610)
ダイヤルイン:03-3501-1961
FAX:03-3501-1961

メールアドレス:export-certificate@maff.go.jp

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader