このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

更新日:平成25年2月21日

 韓国向けマダラ、サバ及びアオザメの輸出について

 韓国政府より、サバ(神奈川県以北の太平洋産)、マダラ及びアオザメについて、以下のとおり、放射性物質に係る検査について連絡がありました。

当該魚種については、これまでの韓国側の検査で比較的高い値のセシウムが検出されている。微量でも検出された場合は、引き続き、韓国政府HPに具体的数値等を掲載する。

 

上記の3魚種の輸出を計画されている業者の方におかれましては、輸出の際の日本側での自主的な放射性物質の検査方法等について下記の問い合わせ先までご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更新日:平成25年1月25日

 

韓国向けマダラ、サバ及びアオザメの輸出について

韓国政府より、マダラ、サバ(神奈川県以北の太平洋産)及びアオザメの放射能検査を強化する旨の連絡がありました。実際の輸出に大きな支障がでることが予想されますので、上記の3魚種の輸出を計画されている業者の方におかれましては、下記の問い合わせ先までご連絡ください。

 

なお、上記3魚種の輸出を希望される場合には、そのサンプリングについて、より厳格に行って頂く場合があります。

 

 

 

お問合せ先

漁政部加工流通課
担当者:輸出担当
代表:03-3502-8111(内線6610)
ダイヤルイン:03-3501-1961
FAX:03-3591-6867