このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

更新日:平成28年3月3日

担当:水産庁加工流通課

韓国による日本産水産物等の輸入規制にかかるWTO紛争解決手続に関する情報について

1. 経緯

(1) 平成27年5月21日、我が国は、韓国による日本産水産物等の輸入規制について、WTO協定に基づく協議を要請しました。

  • 平成27年5月21日付けプレスリリース

(2) 平成27年6月24日及び25日、ジュネーブ(スイス連邦)にて、WTO協定に基づく日韓二国間協議が実施されました。

  • 平成27年6月15日付けプレスリリース
  • 平成27年6月25日付けプレスリリース

(3) 平成27年8月20日、我が国は、韓国による日本産水産物等の輸入規制について、WTO協定に基づくパネル(紛争処理小委員会)の設置を要請しました。

  • 平成27年8月20日付けプレスリリース

(4) 平成27年8月31日に開催されたWTO紛争解決機関(DSB)会合において、パネル設置について審議されましたが、被申立国である韓国の反対により、パネルは設置されませんでした。

(5) 平成27年9月28日に開催されたWTO紛争解決機関(DSB)会合において、パネル設置について審議され、パネルを設置しないことがコンセンサス方式により決定されなかったため、パネルが設置されました(WTO協定附属書二「紛争解決に係る規則及び手続に関する了解」第6条1)。 

  • 平成27年9月28日付けプレスリリース

(6) 平成28年2月8日、パネリストが決定されました。

2. 提出文書

平成27年5月21日(木曜日)協議要請書(WTOウェブサイト)

平成27年8月20日(木曜日)パネル設置要請書(WTOウェブサイト)

3. その他

(1) 韓国による日本産水産物等の輸入規制について

PDFファイル「諸外国・地域の規制措置」の韓国の欄を御覧ください。

(2) 韓国の専門家委員会と共同で採取した水産物及び海水の放射性物質測定結果について

平成26年12月及び平成27年1月の韓国の専門家委員会の現地調査に際し、福島県、青森県及び北海道の水産物を、平成27年2月に東京電力(株)福島第一原子力発電所周辺の海水を採取し、日韓双方で放射性物質の測定を行いました。

水産物及び海水の測定結果は、以下のとおりです。

(1) 概要(水産物及び海水)

 ・ 韓国の専門家委員会と共同で採取した水産物・海水の放射性物質測定結果(概要)(PDF:289KB)

(2) 詳細(水産物)

 ・ 日本語(日本と韓国による水産物放射性物質測定結果の比較)(PDF:57KB)

 ・ 英語(English ver.)(Comparison between Japan and Korea's radionuclide testing results on fish)(PDF:40KB)

(3) 詳細(海水) 

 ・ 平成27年5月21日付け原子力規制委員会プレスリリース
     http://radioactivity.nsr.go.jp/ja/contents/11000/10681/24/PressRelease_20150521.pdf  

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。