このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

水産物の放射性物質規制に係る輸出証明書(水産庁発行分)の発行申請手続きの変更について

水産物の放射性物質規制に係る輸出証明書(水産庁発行分)の発行申請手続きについて、より迅速に証明書を発行するため、平成30年10月1日から書面及び電子メールによる申請を廃止し、輸出証明書発給システム又はNACCS(輸出入・港湾関連情報処理システム)による申請のみとなります。

(現行)
1.輸出証明書発給システムによる申請
2.NACCSによる申請(※)
3.書面による申請
4.電子メールによる申請


 
(平成30年10月1日以降)
1.輸出証明書発給システムによる申請
2.NACCSによる申請(※)
 
※申請データがNACCSから輸出証明書発給システムに自動的に送信され、輸出証明書発給システムから輸出証明書が発行されます。
 
輸出証明書発給システムまたはNACCS申請によるメリット
・ 入力項目の確認をシステムが自動的に行い入力漏れ等を防止することで、申請後の修正等が減少し、証明書発行までの時間が短縮されます。
・ 過去の申請情報が引用できるため、申請作業を軽減することができます。
・ 地方農政局等全国の農林水産省関係機関等で証明書の受け取りが可能となり、近隣の機関を選択することで証明書受け取りまでに要する時間が短縮できます。(受取機関については、こちらを参照してください。)
 
利用申請について
輸出証明書発給システム又はNACCSの利用にあたっては、利用申請手続きが必要となります。以下のページから詳細をご確認願います。(下線部をクリックすると該当ページに移動します。)
 
・ 輸出証明書発給システム 水産物の放射性物質規制に係る輸出証明書のインターネットによる申請手続きの開始について
 
・ NACCS 輸出証明書等発給申請業務の新設について(NACCSセンター)


お問合せ先

水産庁漁政部加工流通課
水産物貿易対策室

担当者:輸出担当
ダイヤルイン:03-3501-1961
FAX番号:03-3591-6867