このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

水産物のHACCP関連情報への入口

1.水産庁による対EU輸出水産食品取扱施設の認定に関する情報

 水産庁では、水産加工施設について、対EU・HACCP(対EU輸出水産食品取扱施設)の認定を行っています。詳しくはこちらからお入りください。

  

 2.その他の対EU・HACCP関連情報

EUは、生産から輸出までのフードチェーン全体で管理を行うことを要求しており、対EU・HACCP認定加工施設では、EU向けに輸出される製品を製造する場合には、登録された漁船、養殖場及び市場の水産物しか取り扱えません。

漁船(冷凍船、生産漁船)や養殖場等の登録、厚生労働省による水産加工施設の認定の手続についてはこちらからお入りください。

 

 3.EU以外で輸出時にHACCPの実施を求められる国・地域

水産物を輸出するに当たって、HACCPによる衛生管理を求める国が増えています。各国に輸出する際に必要なHACCPの認定手続その他関連情報はこちらからお入りください。

 

4.HACCP取得のための支援策

水産庁は、輸出拡大を目指す水産加工・流通業者のために、輸出先国のHACCP基準を満たすための施設の改修整備等について支援します。

また、HACCP導入に必要な研修会の開催や現地指導等について支援します。詳細はこちらからお入りください。

   

ページトップへ

お問合せ先

漁政部加工流通課
担当者:指導班
代表:03-3502-8111(内線6618)
ダイヤルイン:03-3591-5613
FAX:03-3591-6867

漁政部加工流通課
担当者:水産物貿易対策室
代表:03-3502-8111(内線6610)
ダイヤルイン:03-3501-1961
FAX:03-3591-6867