English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 分野別情報 > 魚介類の生産水域等について > 東日本太平洋における生産水域名の略称の設定について


ここから本文です。

平成23年11月

水産庁

東日本太平洋における生産水域名の略称の設定について

漁業関係団体・都道府県向け通知文

 

23水漁第1431号

平成23年11月14日


各関係団体宛て

水産庁漁政部加工流通課長


 東日本太平洋における生産水域名の略称の設定について

 

日頃より、水産行政につきまして、ご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。東日本太平洋における生産水域名の表示については、平成23年10月5日付け23漁第73号水産庁漁政部加工流通課長通知により、生産水域の区画及び水域名を明確し、生鮮水産物の原産地として生産水域名を表示することを奨励しているところです。しかしながら、上記通知における水域名の一部について文字数が多いため表示しらいとの声も寄せられており、生産水域名による原産地表示の一層の浸透を図るため以下の略称により表示することも可能としました。
上記通知における水域名もそのままご使用いただけますが、略称が必要な場合には下記の略称をご使用いただくようお願い申し上げます。

             

上記通知における水域名 今回使用可能とする略称
北海道・青森県沖太平洋
北海道青森沖太平洋
又は
北海道青森太平洋
日本太平洋沖合北部 日本太平洋沖北部 

 

 

(宛先)
全国漁業協同組合連合会
各県漁業協同組合連合会
その他漁業関係団体
各都道府県

・水域区分図(PDF:92KB)

・通知文(写)(PDF:136KB)

お問い合わせ先

水産庁

漁政部加工流通課
担当者:企画調査班
代表:03-3502-8111(内線6617)
ダイヤルイン:03-3591-5612
FAX:03-3508-1357

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図