English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 分野別情報 > 特殊事由による水産物輸入割当品目の輸入申請について


ここから本文です。

特殊事由による水産物輸入割当品目の輸入申請について

    特殊事由により水産物輸入割当品目を無償で輸入する場合、経済産業省への輸入割当申請の際に、水産庁が確認した書類が必要となります。以下は、水産庁が確認した書類の申請及び取得の方法について輸入注意事項及び「特殊事由により水産物輸入割当品目を輸入しようとする場合の特殊輸入割当申請の前の確認申請について」(21水漁第182号)等から一部を抜粋した内容をまとめたものです。

    なお、これは平成21年4月17日に公示し、同年5月1日から施行(実施開始)いたします。

1.水産庁が確認した書類の取得申請について

(1)特殊事由により水産物輸入割当品目を輸入しようとする場合の申請について

    所有権の移転しない委託加工貿易による申請の場合には、商流を確認するため、原料貨物が委託加工先国に到着したことを証する書類、第3者による加工証明書、当該製品が委託加工先国を出発したことを証する書類等が必要です。

 

 

 

(2)別紙様式1(輸入確認書)、別紙様式2(使用原料確認票)及び記入要領

別紙様式2(使用原料確認票)は所有権の移転しない委託加工貿易による申請の際に必要です。

 

(3)商流を示す数量履歴の様式

所有権の移転しない委託加工貿易による申請の際に必要です。

 

2.別紙様式1(輸入確認書)及び別紙様式2(使用原料確認票)の記入例

 

 

3.申請に関するQ&A

申請に関してのQ&Aを作成いたしました。申請準備の際に御覧ください。

 

申請に関するQ&A(PDF:91KB)

 

 

4.(参考)特殊事由により水産物輸入割当品目を輸入しようとする場合の特殊輸入割当申請の前の確認申請について(21水漁第182号)

特殊事由により水産物輸入割当品目を輸入しようとする場合の特殊輸入割当申請の前の確認申請について(PDF:256KB)

 

 

5.関連ページ

経済産業省ホームページ(特殊事由により水産物輸入割当品目を無償で輸入しようとする場合の申請について)

http://www.meti.go.jp/policy/external_economy/trade_control/boekikanri/import/wariate/tokushu.htm

ページトップへ

お問い合わせ先

水産庁

漁政部加工流通課
担当者:特殊輸入割当担当
代表:03-3502-8111(内線6610)
ダイヤルイン:03-3501-1961
FAX:03-3591-6867

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図