このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

東日本大震災被災地の水産物の消費・販売促進を目的とした政府広報の実施について

被災地の水産現場の実情とその魅力を映像化し、被災県産水産物を提供する飲食店や大型量販店で放映することで購買意欲を喚起する他、電車内ビジョン等を活用し広く安全性と魅力をPRする政府広報を実施いたしますので、お知らせします。

1.東北編

   青森県 スルメイカ、岩手県 サンマ、宮城県 ホヤ、福島県 ヒラメの料理を囲み、浜の主婦たちが各地の方言で”おいしい”と感想をあげています。


東北4県編

        長編(2分2秒)                                                                              
          

    
        15秒版
       

        この動画については、下記のメディアで放映。
        ・東急電鉄TOQビジョン                      11月25日~12月1日
        ・都営地下鉄チカッ都ビジョン             11月25日~12月8日
        ・イオンチャンネル(1都6県)             12月9日~12月15日                         


2.関東編

   料理愛好家 平野レミさんが、茨城県 アンコウ(アンコウと大根のしっとり煮)、千葉県 マサバ(サバの山椒焼き)、栃木県 アユ(アユのから揚げ)、群馬県 ニジマス(ニジマスの和風カルパッチョ)を素材としたオリジナルレシピを紹介しています。

(1)関東4県編

       (7分)
       関東4県編に移動します                                    
                                
               

(2)レシピ

        おいしさ発見!平野レミ簡単お魚レシピ

        

3.安全性確保の取組

   徹底した放射能検査を行うことで安全を確保していることを紹介しています。
   
   
   (1分6秒)                               
   安全性確保の取組に移動します                                 
  
  
 
   動画は準備が整い次第、順次公開の予定です。


お問合せ先

漁政部加工流通課

担当者:宮澤、難波
代表:03-3502-8111(内線6614)
ダイヤルイン:03-3502-8203
FAX番号:03-3508-1357