このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

漁船の安全操業に関する情報

ライフジャケット着用の普及促進

平成29年2月1日、国土交通省所管の「船舶職員及び小型船舶操縦者法施行規則(昭和26年10月15日運輸省令第91号)」の改正省令が公布され、同省令が施行される平成30年2月1日以降、20トン未満の小型漁船の場合、原則、船室外にいる全ての乗船者にライフジャケットの着用が義務づけられることになります。このため、水産庁は国土交通省と連携して、改正省令の施行日以降は全ての漁業者がライフジャケットを着用する状態となるよう、各都道府県及び漁業協同組合連合会関係者の協力を得えながら、ライフジャケットの普及促進を進めています。

ライフジャケットの着用義務化に伴うブロック説明会 資料(PDF : 2,180KB)
ライフジャケットの着用義務範囲の拡大リーフレット(PDF : 388KB)
ライフジャケットの着用義務化に関するQ&A(PDF : 240KB)
漁業者のためのライフジャケットの着用手引(概要編)(PDF : 570KB)
漁業者のためのライフジャケットの着用手引(詳細編)(PDF : 4,455KB)
作業環境に適した着やすいライフジャケット例(PDF : 124KB)

改正省令や小型船舶操縦免許制度に関する詳細な情報は、国土交通省海事局安全政策課のホームページを御覧下さい。

改正省令に関する詳細(外部リンク)
小型船舶操縦免許制度(外部リンク)

AIS(船舶自動識別装置)の普及促進

AIS(Automatic Identification System船舶自動識別装置)とは、一般にエーアイエスと呼ばれており、洋上を航行する船舶同士が安全に航行するよう、船舶の位置、針路、速力等の航行情報を相互に交換することにより、衝突を予防することができるシステムのことです。漁船へのAISの設置に当たっては、漁協系統金融機関である信用漁業協同組合連合会等が融資する漁業近代化資金など、低利な制度資金が活用できます。

AIS普及啓発リーフレット(PDF : 746KB)

全国漁船安全操業推進月間

水産庁では、毎年10月を「全国漁船安全操業推進月間」と位置づけ、漁業関係団体等との連携による漁船事故防止に向けたキャンペーンを全国一斉に展開しています。期間中は安全操業のための啓発ポスターを全国の漁協等に掲示するとともに、平成28年度より漁船の安全対策に関する優良な取組を行っている漁業関係団体を表彰し、漁業者の安全操業に関する意識の向上等の取組を推進しています。

全国漁船安全操業推進月間ポスター(PDF : 1,014KB)
漁船の安全対策に関する優良な取組に対する表彰について(概要)(PDF : 75KB)
平成28年度 漁船の安全対策に関する優良な取組に対する表彰について 受賞者リスト(PDF : 766KB)
平成28年度 漁船の安全対策に関する優良な取組に対する表彰 功績者の概要(PDF : 70KB)

安全操業に関するお役立ち情報

海上での竜巻等突風による事故に注意して下さい!(PDF : 862KB)
海上保安庁「海の安全情報」(外部リンク)
海上保安庁「マリンセーフティガイド」(外部リンク)
運輸安全委員会「船舶事故ハザードマップ」(外部リンク)
運輸安全委員会「船舶事故等の調査報告書」(外部リンク)
運輸安全委員会「安全啓発リーフレット」(外部リンク)

お問合せ先

漁政部企画課

ダイヤルイン:03-3502-8415
FAX番号:03-3501-5097