English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 水産白書 > 平成20年度 水産白書 全文 > 平成21年度 水産施策 > 6  漁港・漁場・漁村の総合的整備と水産業・漁村の多面的機能の発揮 > 1  力強い産地づくりのための漁港・漁場の一体的な整備


ここから本文です。

1    力強い産地づくりのための漁港・漁場の一体的な整備


(1)我が国周辺水域の資源生産力の向上

排他的経済水域において、水産資源の増大を図るため、国が漁場整備を行うフロンティア漁場整備事業の実施とともに、藻場・干潟の造成・保全や資源管理及びつくり育てる漁業と連携した漁場環境の整備を推進します。

(2)国際競争力強化と力強い産地づくりを図るための水産物供給基盤の整備

水産物の流通拠点を中心として、生産コストの縮減、鮮度の保持、衛生管理の高度化に資する水産物供給基盤の整備を推進します。あわせて、災害発生時においても水産物供給の維持が可能となるよう、陸揚げ岸壁などの施設の耐震化にも取り組みます。

また、水産物供給基盤の既存ストックを有効に活用する観点から、適時の修理・改修や施設の長寿命化に向けた取組を通じ、ライフサイクルコスト(建設・維持管理等にかかる全ての費用)の低減を図ります。

お問い合わせ先

漁政部企画課
担当者:動向分析班:大橋、太田
代表:03-3502-8111(内線6578)
ダイヤルイン:03-6744-2344
FAX:03-3501-5097

ページトップへ


アクセス・地図