English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 水産白書 > 平成20年度 水産白書 全文 > 平成21年度 水産施策 > 6  漁港・漁場・漁村の総合的整備と水産業・漁村の多面的機能の発揮 > 4  水産業・漁村の有する多面的機能の発揮


ここから本文です。

4    水産業・漁村の有する多面的機能の発揮


(1)離島漁業の再生を通じた多面的機能の発揮

条件が不利な離島の漁業を再生するため、種苗の放流、藻場の管理や漁場監視等による漁場の生産力の向上や、集落の創意工夫を活かした新たな取組を行う離島の漁業集落に対して交付金による支援を行います。

(2)環境・生態系保全活動の促進

油流出事故に伴い発生した漁場油濁被害について、被害漁業者が行う防除・清掃作業に要した費用の支弁、現地で適切な防除処置を指導できる専門家の育成・派遣や被害拡大防止の啓発活動の実施に対し支援します。

漁業者が中心となって行う藻場・干潟の維持・管理等の環境・生態系保全活動を支援するための新たな交付金制度を創設するとともに、優良事例の普及や技術的サポート等を支援します。

環境・生態系保全対策(新規:国費13億円)

お問い合わせ先

漁政部企画課
担当者:動向分析班:大橋、太田
代表:03-3502-8111(内線6578)
ダイヤルイン:03-6744-2344
FAX:03-3501-5097

ページトップへ


アクセス・地図