English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 水産白書 > 平成22年度 水産白書 全文 > 平成22年度 水産の動向 > 第1部 平成22年度 水産の動向 > 第1章 私たちの水産資源 ~持続的な漁業・食料供給を考える~


ここから本文です。

第1章 私たちの水産資源 ~持続的な漁業・食料供給を考える~


水産資源の持続的利用に対する関心が世界的に高まっているなかで、世界有数の水産国である我が国は、世界に率先して水産資源の管理を強化していく責務があります。
この特集では、序節において、水産資源をめぐる世界の状況を概観した後、第1節で資源管理の考え方について説明します。第2節では、我が国の資源管理制度の仕組みと漁業者が行ってきた資源管理の取組を紹介します。第3節では、今後、水産資源の持続的利用を図っていくうえでの課題や対策について説明します。第4節では、全体のまとめとして、資源の持続的利用に向け、漁業者・水産業関係者、消費者、行政等が果たし得る役割について考察します。

目次

序節 水産食料と水産資源をめぐる世界の状況


第1節 水産資源の特徴と資源管理の重要性


第2節 我が国周辺の水産資源とその管理の現状


第3節 水産資源の持続的利用をめぐる課題


第4節 国民全体で支える水産資源管理


お問い合わせ先

漁政部企画課
担当者:動向分析班
代表:03-3502-8111(内線6578)
ダイヤルイン:03-3502-8415
FAX:03-3501-5097

ページトップへ


アクセス・地図