English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 水産白書 > 平成25年度 水産白書 全文 > 平成26年度 水産施策 > Ⅲ 新たな資源管理体制下での水産資源管理の強化 > 5 多様な海洋生物の共存下での漁業の発展の確保


ここから本文です。

5 多様な海洋生物の共存下での漁業の発展の確保


(1)水産資源を育成する藻場・干潟等の適切な管理

水産生物の生活史に対応した良好な生息環境を創出することにより生態系全体の生産力を底上げし、水産資源の育成と持続可能な利用を図るため、漁場の生物相の変化等に対応して漁場の管理や整備事業の在り方を適切に見直していく順応的管理手法を取り入れた水産環境整備を推進します。

排他的経済水域において、水産資源の増大を図るため、国が漁場整備を行うフロンティア漁場整備事業を実施するとともに、資源管理やつくり育てる漁業と連携し、水産生物の生活史に対応した広域的な水産環境整備を推進します。

磯焼け等により効用の低下が著しい漁場において、海域環境変動に応じた手法による藻場・干潟等の造成・保全と併せて、ウニ・アイゴ等の食害生物の駆除や海藻類の移植・は種に対して支援を行います。また、厳しい環境条件下におけるサンゴ増殖技術を確立するため、サンゴ種苗生産技術、移植技術等の技術開発に取り組みます。さらに、漁業者や地域の住民等が行う藻場・干潟等の保全活動を支援します。

ノリの色落ち問題に対処するため、植物プランクトン(大型珪藻)の発生を抑制しつつ、ノリ養殖漁場に十分な栄養塩を供給することが可能な水質レベルを維持・管理する手法の開発を進めます。

(2)漂流・漂着物対策の実施

有害物質及び廃棄物の排出規制の実施や浮遊ゴミ及び流出油の回収を実施・支援するほか、漁業系資材のリサイクル技術の開発・普及、漁業活動中に回収した漂流物の適切な処理及び大型漂流物等や災害時における漂流物等の適切な回収・処理の推進に対して支援します。

(3)大型クラゲ、トド等による漁業被害防止対策の推進

近年、広域的かつ大規模に出現し、大きな漁業被害をもたらしている大型クラゲ等の有害生物についての出現状況の把握と情報提供、駆除、改良漁具の導入、陸上処理等を促進するとともに、トドについては強化刺し網の導入に向けた実証試験等を行います。


また、大型クラゲについて、我が国、中華人民共和国及び大韓民国からなる国際的な枠組みの中で、発生・出現過程を解明するための調査等を行います。

外来魚の生息状況に応じた効果的な駆除手法の開発を行います。


また、外来魚及びカワウについて、漁業関係者等が広域的に連携して行う生息状況調査や駆除等の取組を支援します。

(4)生物多様性に配慮した海洋生物資源の保存・管理の推進

海洋における生態系や生物多様性の保全と漁業の持続的な発展とを両立するため、我が国漁業における海鳥類、海亀類等の混獲に対して、各地域漁業管理機関で採択された措置を遵守するために必要な規制を導入するとともに、混獲削減のための技術開発、調査、データ分析等を実施します。

また、「生物多様性国家戦略2012−2020」、「農林水産省生物多様性戦略」等を踏まえ、藻場・干潟等を含む漁場環境の保全の推進などにより、里海・海洋の保全施策を総合的に推進するほか、海洋生物の多様性の定量的評価手法の開発、赤潮・貧酸素水塊対策、海洋保護区の検証とその設定の推進、希少海洋生物の評価手法の検討と実態調査、食害生物の生活史を把握した除去技術の開発・実証等を実施します。

お問い合わせ先

漁政部企画課
担当者:動向分析班
代表:03-3502-8111(内線6578)
ダイヤルイン:03-6744-2344
FAX:03-3501-5097

ページトップへ


アクセス・地図