English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 水産白書 > 平成25年度 水産白書 全文 > 平成25年度 水産の動向 > 第1部 平成25年度 水産の動向 > 第Ⅱ章 平成24年度以降の我が国水産の動向 > 第1節 我が国における水産資源の管理 > (1)我が国周辺の水産資源の状況


ここから本文です。

(1)我が国周辺の水産資源の状況


平成25(2013)年度の我が国周辺水域の資源評価結果をみると、主要な52魚種・84系群(*1)のうち、資源水準が高位にあるものが12系群(14%)、中位にあるものが36系群(43%)、低位にあるものが36系群(43%)となっています。近年の資源水準の推移をみると、低位の割合が減少し、中位の割合が増加する傾向にあり、全体としては概ね安定的に推移していると考えられます(図Ⅱ−1−1)。

特に、多獲性魚であるマイワシ対馬暖流系群やマサバ太平洋系群は資源水準が中位で動向は増加傾向にあり、今後の資源量に期待が持たれます(表Ⅱ−1−1)。

*1 同じ種でも産卵場、分布、回遊等を異にする地域集団。


表2-1-1 資源水準が良くなった資源(平成24(2012)年度→平成25(2013)年度)

コラム:クジラと他の水産資源との関係

我が国は鯨類資源の持続的利用の観点から長期にわたって鯨類の研究を行っており、商業捕鯨のモラトリアムを受け入れて以降も、鯨類の生物学的に重要なデータを得るため鯨類捕獲調査を実施してきました。

捕獲調査の結果から、クジラの資源量が回復しているとともに、クジラが大量の海洋生物を捕食していることが明らかになりました。(一財)日本鯨類研究所によると、世界のクジラの海洋生物捕食量は約2億5千万~4億4千万トン/年に達し、世界の年間漁獲量約9千万トンの3倍から5倍になっているものと推定されています。

我が国周辺水域では、特にイワシ、サンマ、タラ、サケ、イカ等の重要な漁業対象種がクジラに捕食されており、漁業とクジラが競合状態となっていることが明らかとなっています。このため、クジラによる影響は漁業経営や水産資源の管理上無視できないものとなっています。

北西太平洋のクジラの推定捕食量
 

お問い合わせ先

漁政部企画課
担当者:動向分析班
代表:03-3502-8111(内線6578)
ダイヤルイン:03-6744-2344
FAX:03-3501-5097

ページトップへ


アクセス・地図