English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 基本政策 > 新たな水産基本計画 > 水産物に含まれる成分と機能


ここから本文です。

水産物に含まれる成分と機能

    国民の健康への関心の高まりの中で、「魚を食べると生活習慣病になりにくい。」、「魚を食べると脳の働きがよくなる。」など、水産物に含まれる優れた生理機能が注目されている。

 

機能性成分 主な機能 多く含まれる主な魚介類
DHA
(ドコサヘキサエン酸)
脳や神経組織の発達や機能維持等抗アレルギー炎症等

まぐろ、まだい、ぶり、

さばさけ、まいわし

IPA
(イコサペンタエン酸)
血栓の予防・治療,血管収縮等の防止、血中脂質の低下作用等
タウリン

血圧の調整、コレステロールの排出、肝機能改善、視力の維持等
いか、たこ、あわび,
ほたてがい、くるまえび
アスタキサンチン
活性酸素の作用による諸疾患の抑制等 さけ、いくら、たい、えび
食物繊維
(アルギン酸)
コレステロール低下作用、血圧低下作用等 海藻類(こんぶ、わかめ、ひじき等)

食物繊維
(フコイダン)
ガン細胞の増殖を抑制する作用等
カルシウム
骨形成、血圧や神経系の調整機能等 小魚(はぜ、わかさぎ、まいわし等)

 

 

 

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図