English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > シンポジウム『アイゴを食べて藻場を回復しよう』の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成18年10月20日
水産庁

 

シンポジウム『アイゴを食べて藻場を回復しよう』の開催について

 近年全国的に問題となっている「磯焼け現象(藻場が大規模に消失する現象)」の主な原因としては、ウニや魚による食害があります。このうち、魚による食害を低減させ藻場を回復する手法の一つとして、魚を捕獲し、藻への食圧を低下させる方法があります。
 今般、この取組を促進するため、特に磯焼けの原因として知られているアイゴという魚をターゲットとして、磯焼けとアイゴの関係に関する情報提供とアイゴの魚食普及を図り藻場を回復することを目的に、下記のとおりシンポジウムを開催しますのでお知らせします。

 

 

  1. 日時:平成18年11月6日(月曜日) 10時30分~17時00分
  2. 場所:御前崎海鮮なぶら市場
        静岡県御前崎市港6099-7
  3. 内容:(ア) アイゴ料理の講演と試食会
         (イ) 磯焼けとアイゴの関係に関する講演会
        (詳細は別添プログラム参照)
  4. 主催者:独立行政法人水産総合研究センター水産工学研究所
  5. 参加範囲:行政担当者、県内漁業協同組合員、地域住民等

 

お問い合わせ先

水産庁漁港漁場整備部整備課
 担当 : 阿部、梅津
 代表 : 03-3502-8111
 内線 : 7278
 直通 : 03-3591-5614

 

(別添)シンポジウム『アイゴを食べて藻場を回復しよう』 パンフレット(PDF:1,340KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図