English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 水産庁漁業調査船開洋丸による小型浮魚類資源調査及びサンマ冬季分布調査の実施について


ここから本文です。

プレスリリース

平成19年1月30日
水産庁

 

水産庁漁業調査船開洋丸による小型浮魚類資源調査及びサンマ冬季分布調査の実施について

1 調査時期

  平成19年2月1日~平成19年3月19日

2 調査船

  水産庁漁業調査船開洋丸(2,630トン、土井船長ほか乗組員45名)

3 調査概要

(1) マイワシ・カタクチイワシ・マサバを対象とした小型浮魚類資源調査(2月1日-2月16日)

  (ア) 表中層トロールによる対象種の採集
  (イ) 計量魚群探知機による主要浮魚類の分布密度推定
  (ウ) 海洋気象観測(水温、塩分、気温、風速等)



 

(2)サンマを対象とした冬季分布調査(2月20日-3月19日)

  (ア) 中層トロール及び幼魚ネットによるサンマ成魚・未成魚の採集
  (イ) 稚仔魚及び動物プランクトンの採集、基礎生産の測定
  (ウ) 計量魚群探知機による主要浮魚類の分布密度推定
  (エ) 海洋気象観測(水温、塩分、気温、風速等)



 

4 調査の背景


    

 

写真. 中層トロール操業(左:網投入、中:中層トロール揚網中、右:漁獲)

 

 

お問い合わせ先

水産庁増殖推進部漁場資源課国際資源班
担当 長谷川、浦、岡添       
代表 03(3502)8111
     (内線7377)
直通 03(3501)5098 

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図