English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 第3回南太平洋漁業管理機関設立会合の結果について


ここから本文です。

プレスリリース

平成19年5月9日
水産庁

 

第3回南太平洋漁業管理機関設立会合の結果について

1. 背景

 NZ、豪州、チリの主導により、南太平洋においても、2006年から、高度回遊性魚種以外に関する地域漁業管理機関を設立するための条約設立会合が開催されている。今回の第3回会合では、前回会合の議論を踏まえて修正された条文案を議論するとともに、暫定措置についても議論された。
対象となる水域は暫定的に赤道以南の南太平洋で、主要漁獲魚種はチリマアジ及びオレンジラフィー。我が国漁船による公海操業はほとんどない。 

2. 開催日程

 日時:2007年4月30日~5月4日  於 レニャカ(チリ)
出席者:中塚水産庁国際課専門官、外務省、日本トロール底魚協会豪、NZ、チリに加え、米、EC、中、韓など20カ国以上が参加。 

3. 結果概要

(1) 地域漁業管理機関設立のための条文案については、引き続き様々な意見が提出されたため、次回会合までに議長が再度修正案を作成し、配布することとなった。 

(2) 以下の拘束力のない暫定措置を、本年9月30日から実施することが合意された。

(3) 次回会合は9月にヌーメア(ニューカレドニア)で開催される予定。 

 

お問い合わせ先

水産庁資源管理部国際課
担当者:中塚
代表:03-3502-8111
内線:6747
ダイヤルイン:03-3591-1086


ページトップへ

リンク集


アクセス・地図