English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 韓国はえ縄漁船の拿捕について


ここから本文です。

プレスリリース

平成19年6月19日
水産庁

 

韓国はえ縄漁船の拿捕について

 6月18日、水産庁取締船「白鴎丸」(499トン)は、長崎県五島市浜町所在女島灯台の南西約210kmの我が国排他的経済水域(EEZ)において、韓国はえ縄漁船「203チャンセン」に対し、立入検査を実施したところ、我が国EEZにおける漁獲量について操業日誌へ過少に記載していることが明らかとなり、その結果、同船がタチウオの年間漁獲割当量を超過(漁獲割当量11,370キログラムに対し、実際の累計漁獲量:11,422キログラム)していたことが判明したため、同船を漁業主権法違反(漁獲量超過罪)で拿捕した。
 今回の違反においては、操業日誌への漁獲量の過少記載が我が国EEZにおいて漁獲割当量を超えて不正に漁獲物を得ようとする悪質な操業実態に結びついていることが示された。
 なお、本年に入り、水産庁による韓国漁船の拿捕は9件目(外国漁船全体では10件目)であり、6月時点で昨年1年間における韓国漁船の拿捕実績(8件)を上回る結果となった。
 水産庁としては、今後とも、韓国漁船を含めた外国漁船に対する監視及び取締りに努めていくこととする。

 ※カラー写真の提供可能

 

お問い合わせ先

水産庁管理課指導監督室
 担当者:大森、今井
 代表 03-3502-8111
 内線 6670
 直通 03-3502-3805

 

(概要)

1. 被疑者:

 安 琪煥(アン ギホァン)(47歳、被疑船船長)

2. 被疑船:

 203チャンセン
(はえ縄漁船、総トン数:29トン、被疑者を含む8名乗船、船籍港:西歸浦市)

3. 違反内容:

 排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律(漁業主権法)違反(漁獲量超過罪)の疑い

4. 違反現認:

 18日午後10時44分ころ、長崎県五島市浜町所在女島灯台から南西約210kmの我が国排他的経済水域(EEZ)内

5. 現行犯逮捕:

 同日午後11時09分、同船船長を漁業主権法違反(漁獲量超過罪)の疑いで現行犯逮捕

6. 漁業取締船:

 「白鴎丸」(はくおうまる)(499トン)

 

水産庁による外国漁船の拿捕件数の推移 (件)

韓国 中国 ロシア 台湾 カンボジア 合計
2000 16 5 0 0 0 21
2001 17 3 0 1 0 21
2002 25 12 1 0 0 38
2003 23 12 0 0 0 35
2004 14 5 2 7 1 29
2005 9 2 0 5 0 16
2006 8 1 0 1 0 10
2007 9 1 0 0 0 10

2007年は、1月1日から6月18日までの件数

   ※拿捕とは、船舶を押収し、又は船長その他の乗組員を逮捕すること。

   韓国はえ縄漁船「203チャンセン」の拿捕位置概略図(PDF:52KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図