English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > シンポジウム「活力ある漁村づくりにおける地域リーダーの育成」の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年2月4日

水産庁

シンポジウム「活力ある漁村づくりにおける地域リーダーの育成」の開催について

水産庁では、平成22年2月22日(月曜日)に、ルポール麹町において、 シンポジウム「活力ある漁村づくりにおける地域リーダーの育成」を開催いたします。多数のご参加をお待ちしています。シンポジウムは公開です。また、カメラ撮りも可能です。

1.概要

活力ある漁村づくりには、地域固有の様々な課題への取組みを地域が一体となって推進していく必要があります。とりわけ、地域のリーダーとして、漁業関係者、NPO、行政機関、大学等研究機関を束ね、課題に対してどのように取り組んでいくかを牽引する「地域リーダー」の存在が欠かせません。このような漁村における地域リーダーの育成に関して、都市漁村交流等で成果を収めている地域の事例を紹介するとともに、地域にて具体的に活躍している方々の体験談を通して、地域リーダーの役割や人材育成プログラムのあり方、また、漁村における循環型の成長プロセスの方向性について検討します。

2.開催日時・会場

日時:平成22年2月22日(月曜日)13時20分~17時00分 (12時50分開場)
会場:ルポール麹町2階サファイアの間 (千代田区平河町2-4-3)

3.プログラム

第一部
基調講演

「地域振興のための人づくりとは」山内道雄島根県海士町長
<事例報告>
(ア)島根県海士町の取組み:大江和彦氏(海士町産業創出課課)
(イ)岩手県田野畑村の取組み:石原弘氏(田野畑村産業振興課)
(ウ)南さつまの取組み:下津公一郎氏(NPO法人エコリンクアソシエーション)

第二部
パネルディスカッション「活力ある漁村づくりのためになすべきこと」
<司会>受田浩之氏(高知大学副学長)
<パネリスト>大江和彦氏(前出)、石原弘氏(前出)、下津公一郎氏(前出)、瀧澤満氏(窪津漁業協同組合)

4.参加申込

参加を希望される方は、平成22年2月18日(木曜日)17時00分までに、別添申込書に記載の上、下記まで送付願います。なお、申し込みは先着順とし、会場定員の都合で期限前に申し込みを締め切らせていただく場合があります。

申込宛先:ランドブレイン株式会社 活力ある漁村づくりシンポジウム事務局
FAX:03-3264-8672、E-mail:gyoson@landbrains.co.jp
※ランドブレイン株式会社は、委託により、本シンポジウムの開催業務に携わっています。
(〒102-0093 東京都千代田区平河町1-2-10 平河町第一生命ビル7階TEL:03-3263-3811)

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

漁港漁場整備部防災漁村課
担当者:村上、泰磨
代表:03-3502-8111(内線6905)
ダイヤルイン:03-6744-2392
FAX:03-3581-0325

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図