English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 特定災害復旧等漁港工事及び海岸工事の完了について


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年10月29日

水産庁

特定災害復旧等漁港工事及び海岸工事の完了について

東日本大震災により甚大な被害を受けた、宮城県の気仙沼漁港及び石巻漁港、荒浜漁港海岸について、「東日本大震災による被害を受けた公共土木施設の災害復旧事業等に係る工事の国等による代行に関する法律」第3条1項及び第7条1項に基づき、宮城県知事の要請により水産庁が実施した代行工事が完了したことから、農林水産大臣から宮城県知事に対し、完了の通知を行いました。

 特定災害復旧等漁港工事及び海岸工事について

特定災害復旧等漁港工事及び海岸工事は、宮城県から要請を受けた気仙沼漁港及び石巻漁港、荒浜漁港海岸について、平成23年度より復旧工事を実施してきました。施工にあたっては、漁業関係者及び流通加工関係者等から一日も早い水揚げの再開を求められたなか、気仙沼漁港は平成24年9月、石巻漁港は平成25年3月及び荒浜漁港海岸については平成25年4月に、部分的に岸壁や海岸保全施設等が完成し、漁港においては、既に水揚げが可能となっていましたが、今回、全ての工事について完了したことから、宮城県知事に対し通知したものです。

代行工事の概要

特定災害復旧等漁港工事の概要

1.気仙沼漁港

工事期間    平成23年度~平成26年度

工事数量    沈下・崩壊した岸壁の復旧  延長  958m

2.石巻漁港

工事期間    平成23年度~平成26年度

工事数量    沈下・崩壊した岸壁の復旧  延長  1,204m

沈下・崩壊した臨港道路の復旧  延長  2,102m 

特定災害復旧等海岸工事の概要

1.荒浜漁港海岸

工事期間    平成23年度~平成26年度

工事数量    沈下・崩壊した海岸保全施設の復旧(堤防 延長 1,382m、離岸堤 5基)

 


<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

漁港漁場整備部整備課
担当者:災害復旧代行グループ 本田 朝倉 (資料漁港関係)
代表:03-3502-8111(内線6887)
ダイヤルイン:03-6744-7137
FAX:03-3502-2668

漁港漁場整備部防災漁村課
担当者:水産施設災害対策室 石井 牧野 (資料海岸関係)
代表:03-3502-8111(内線6903)
ダイヤルイン:03-3502-5304
FAX:03-3581-0326

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図