English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 「漁業地域の津波防災シンポジウム」の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成27年1月9日

水産庁

「漁業地域の津波防災シンポジウム」の開催について

水産庁は、平成27年3月18日(水曜日)に、宮城県仙台市において、第3回 国連防災世界会議の関連事業の一つとして「漁業地域の津波防災シンポジウム」を開催いたします。

なお、本シンポジウムは公開でカメラ撮影も可能です。

1.開催趣旨

東日本大震災により、沿岸域に位置する漁業地域は甚大な被害を受け、現在、地域の漁業者とともに水産庁、関係省庁及び自治体がその復興に全力を注いでいるところです。一方、平成27年3月14日(土曜日)から18日(水曜日)にかけて、宮城県仙台市において、第3回 国連防災世界会議が開催されます。水産庁においては、関連団体と連携し、関連事業の一つとして「漁業地域の津波防災シンポジウム」を開催します。 本シンポジウムでは、東日本大震災による漁業地域の被災とその復興及び今後発生の危険が指摘されている巨大地震を踏まえ、学識経験者等により全国の漁業地域の津波防災対策の基本的考え方、具体的施策(ソフト・ハード)及び今後の課題について議論します。

 2.開催日時及び場所

日時:平成27年3月18日(水曜日)13時00分~16時00分

会場:TKPガーデンシティ仙台勾当台 ホール1

所在地:宮城県 仙台市 青葉区 国分町3-6-1 仙台パークビル

3.主催

水産庁、公益社団法人 全国漁港漁場協会、一般財団法人 漁港漁場漁村総合研究所、一般社団法人 水産土木建設技術センター、一般社団法人 全日本漁港建設協会

4.後援

岩手県、宮城県

5.プログラム

(1)開会挨拶

水産庁漁港漁場整備部部長 髙吉 晋吾氏

(2)来賓挨拶

東北大学災害科学国際研究所所長 今村 文彦氏

(3)講演

(4)パネルディスカッション

座長:松冨 英夫氏

パネリスト:大井 誠治氏、丹野 一雄氏、山田 秀顕氏、アブドル ムハリ氏、大村 益男氏、石川 光博氏、髙吉 晋吾氏

 

なお、本シンポジウムは、日英同時通訳で行います。

6.参加定員

当日先着順に200名、参加費は無料です。

7.報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される方は、一般参加者とは別に席を御用意しますので、御社名・参加者名を、下記の「お問い合わせ先」まで御連絡ください。また、当日は受付にて報道関係者である旨お伝えいただき、取材に関しては、現地担当者の指示に従ってください。

8.その他

<参考>第3回国連防災世界会議仙台開催実行委員会公式ホームページ

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

漁港漁場整備部防災漁村課
担当者:水産施設災害対策室 石井、田中
代表:03-3502-8111(内線6903)
ダイヤルイン:03-3502-5304
FAX:03-3581-0325

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図