English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 国際捕鯨委員会(IWC)の将来に関する中間会合の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成20年3月4日

水産庁

国際捕鯨委員会(IWC)の将来に関する中間会合の開催について

平成20年3月6日から8日、ヒースロー(英国)でIWCの将来に関する中間会合が開催されることになりましたのでお知らせします。

本会議は非公開です。また、冒頭カメラ撮りも出来ません。

1.日時

平成20年3月6日(木曜日)~3月8日(土曜日)

2.場所

ヒースロー(英国)

3.出席国等

IWC加盟44ヶ国、NGO等(2月29日現在の出席登録)

4.我が国からの出席者

中前 明 水産庁次長、森下 丈二 水産庁国際課漁業交渉官、鈴木 亮太郎 外務省漁業室長他

5.主な協議事項

IWCでは、我が国を含む持続的利用推進国と反捕鯨国との勢力が拮抗し、効果的な意思決定がなされない状況が続いており、IWCが機能不全に陥っているとの認識が多くの加盟国の間で共有されています。このような状況を打開するために、昨年のIWC年次会合において、次回年次会合(2008年6月23日~27日、サンチャゴ、チリ)前に中間会合を開催すべきとの合意がなされ、今般の当該会合が開催されることになりました。

(1)IWCにおける信頼の再構築並びに議論・交渉のためのアプローチの改善

(2)IWCの将来にかかる更なる議論の計画

(3)IWC第60回年次会合の暫定議題の準備

 

 

 


お問い合わせ先

資源管理部遠洋課
担当者:捕鯨班 日向寺・岡田
代表:03-3502-8111(内線6724)
ダイヤルイン:03-3502-2443
FAX:03-3591-5824

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図