English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 南極海における新たな鯨類調査(新南極海鯨類科学調査計画(NEWREP-A))の実施について


ここから本文です。

プレスリリース

平成27年11月30日

水産庁

南極海における新たな鯨類調査(新南極海鯨類科学調査計画(NEWREP-A))の実施について

平成27年12月1日(火曜日)、南極海における新たな鯨類調査(新南極海鯨類科学調査計画(NEWREP-A))の実施に向けて、調査船団が出港します。

1.調査について

本調査は、国際司法裁判所の判決を踏まえ策定された、新調査計画「新南極海鯨類科学調査計画(NEWREP-A)」に基づく調査で、国際捕鯨取締条約第8条に基づき、実施します。

2.調査実施主体

一般財団法人 日本鯨類研究所 

3.調査期間

平成27年12月下旬から平成28年3月上旬まで(予定)

4.調査海域

南極海

5.調査方法

(1)捕獲調査
 ア 対象鯨種 クロミンククジラ
 イ 捕獲頭数  333頭
(2)非致死的調査
資源量推定のための目視調査、バイオプシー・サンプル(皮膚標本)の採取、海洋観測等、これまでの南極海鯨類捕獲調査で実施してきた非致死的調査を継続するとともに、非致死的調査手法の実行可能性・有用性を検証。
(3)餌生物資源量調査
計量魚群探知機を活用した簡易なオキアミ資源量調査を実施。

6.調査船

 ・調査母船「日新丸」(8,145トン、江口船長以下101名)

 ・目視採集船「勇新丸」(724トン、佐々木船長以下19名)

 ・目視採集船「第二勇新丸」(747トン、阿部船長以下19名)

 ・目視採集船「第三勇新丸」(742トン、大越船長以下21名)

7.参考

・新南極海鯨類科学調査計画(NEWREP-A)の概要については、以下のURLで御覧になれます。

http://www.jfa.maff.go.jp/j/whale/index.html


 

お問い合わせ先

資源管理部国際課
担当者:捕鯨班 成澤、岡添
代表:03-3502-8111(内線6762)
ダイヤルイン:03-3502-2443
FAX:03-3504-2649

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図