English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 「水産政策審議会 第45回 資源管理分科会」の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年2月12日

水産庁

「水産政策審議会 第45回 資源管理分科会」の開催について

水産庁では、平成22年2月19日(金曜日)に「水産政策審議会第45回資源管理分科会」を開催いたします。本分科会は公開です。なお、冒頭カメラ撮りのみ可能です。

1.概要

漁獲可能量等の設定や漁業の公示に当たっては、水産政策審議会資源管理分科会の意見を聴かなければならないとされていることから、今般、以下の諮問事項について意見を聴くため、以下のとおり分科会を開催します。

2.日時

平成22年2月19日(金曜日)10時00分~

3.場所

三番町共用会議所「三番町大会議室」

東京都千代田区九段南2丁目1番5号

4.議題

諮問事項

(中型さけ・ます流し網漁業(太平洋の海域)につき、公示案により、許可又は起業の認可をすべき船舶の総トン数別、操業区域別及び操業期間別の隻数並びに許可又は起業の認可を申請すべき期間を定めるとともに、この公示に係る許可の有効期間を定める。)

(遠洋底びき網漁業につき、公示案により、許可又は起業の認可をすべき船舶の隻数及び許可又は起業の認可を申請すべき期間を定めるとともに、この公示に係る許可の有効期間を定める。)

 (さけ・ますの個体群の維持のために 独立行政法人水産総合研究センターが平成22年度において人工ふ化放流を実施すべき河川及び放流数について、農林水産大臣が定めるもの。)

(1)21年TAC(漁獲可能量)等の改定(すけとうだら、さば類、ずわいがに)
(2)22年TACの設定(すけとうだら)

(市町村合併等に伴い、省令中の市町村名等を形式的に改正する。)

報告事項

(TAC対象魚種の平成21年12月31日までに採補された数量について) 

(TAE(漁獲努力可能量)対象魚種の平成21年漁獲努力量について)

5.事務局

水産庁漁政部漁政課

6.傍聴の申し込み

傍聴を希望される場合は2月18日(木曜日)の17時00分までに、所属、役職、氏名、メールアドレスをFAXにて下記までにご連絡ください。

なお、当日の傍聴席は30席を予定しております。傍聴希望が多数にわたる場合は、途中で受付を閉め切らせていただきますので、あらかじめご了解願います。

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

漁政部漁政課
担当者:総括班  森
代表:03-3502-8111(内線6508)
ダイヤルイン:03-3502-8397
FAX:03-3502-8220

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図