English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > タイラギ稚貝を活用した養殖実証試験の実施について


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年1月28日

水産庁

タイラギ稚貝を活用した養殖実証試験の実施について

水産庁は、垂下養殖技術等の実証試験実施について有明海関係県と協議を行ってきた中で、今般、普及に向けた課題となっていた稚貝の確保に一定の成果が得られました。

今後、種苗生産された稚貝を活用した垂下養殖実証試験が有明海関係県によって実施されます。

1.概要 

(1)有明海では、特産とされていたタイラギがほとんど漁獲できない状況が続いています。水産庁は、有明海の再生に向けた取組として、増養殖技術開発を支援する事業を実施するとともに、有明海関係県(※1)と養殖技術等の実証試験の実施に向けて検討を始めました。

(2)このような中、独立行政法人 水産総合研究センター 瀬戸内海区水産研究所がタイラギの稚貝生産に取組み、平成25年度に約7万個体の着底稚貝の生産に成功し、現在、約2.5万個体を保有しています。(※2)

(3)今後、この稚貝を活用した垂下養殖等の実証試験に佐賀県及び長崎県が取組む予定です。

(4)タイラギの稚貝生産に数万個単位の規模で成功したのは今回が初めてです。水産庁においては、タイラギについてより多くの稚貝を安定的に生産出来るよう技術開発を推進するとともに、今後とも、技術開発の過程で生産された稚貝を垂下養殖の実証試験に供していくこととしています。

 

※1 福岡県、佐賀県、長崎県および熊本県

※2 平成26年1月28日付け独立行政法人 水産総合研究センタープレスリリース「タイラギ稚貝の大量生産に成功」

2.その他 

(参考)

平成25年2月19日付けプレスリリース「有明海の二枚貝垂下養殖技術等の実証試験の実施検討会の結果について」

http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/saibai/130219.html


 

 

お問い合わせ先

増殖推進部研究指導課
担当者:坂野、今村
代表:03-3502-8111(内線6778)
ダイヤルイン:03-6744-2373
FAX:03-3591-5314

増殖推進部栽培養殖課
担当者:栽培漁業企画班 内海、荒井
代表:03-3502-8111(内線6824)
ダイヤルイン:03-6744-2385
FAX:03-3591-2386

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図