English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 資源管理・漁業所得補償対策の実施状況(平成23年9月末現在)について


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年10月21日

水産庁

資源管理・漁業所得補償対策の実施状況(平成23年9月末現在)について

水産庁では、平成23年度から、「資源管理・収入安定対策」と「コスト対策」を組み合わせた総合的な所得補償対策をスタートさせました。このたび、平成23年9月末現在の本対策の実施状況がまとまりました。

 概要 

    資源管理・収入安定対策については、漁業共済の仕組みを活用した新たな漁業収入安定対策事業の創設に伴い、これまで漁業共済に加入していなかった漁業者の方々が新規に加入するなど、漁業共済への加入が伸びています。

    また、コスト対策である漁業経営セーフティーネット構築事業の燃油については、東日本大震災の被災者の新規加入や操業再開により、加入が伸びています。  

 

1. 資源管理・収入安定対策 (漁業収入安定対策事業)

 <漁業共済>

 

平成23年9月末

平成23年6月末

平成22年3月末

 加入率

 64%

 62%

 54%

 加入件数

 22,198件

 21,855件

 21,536件

 

  注1: 加入率及び加入件数に岩手県、宮城県及び福島県の数値は含まれていません。
  注2: 加入率及び加入件数には、既存制度加入者を含めて計算しています。これは、漁業共済が漁業種類に応じて毎月新対策へ切り替わることとなっており、平成23年度末に向けて順次新対策に移行するためです。
  注3: 加入率:加入者の漁業生産金額/全国の漁業生産金額を基に計算したもの

 

2. コスト対策 (漁業経営セーフティーネット構築事業)

 

平成23年9月末

平成23年6月末

平成22年9月末

 燃油

      ・ 加入率

      ・ 加入件数 

 

58%

7,216件

 

57% 

7,265件

 

32%

3,258件

配合飼料     

      ・ 加入率

      ・ 加入件数

 

24%

218件

 

24%

220件

 

22%

205件

 

  注1:加入率:加入者の年間燃油・配合飼料使用量/全国の推定年間燃油・配合飼料使用量
  注2:本事業は、平成23年度の一般の新規加入の申込みを5月末で終了しており、6月以降は、東日本大震災の被災者の加入申込みのみを受け付けています。
     

(参考) 補てんの状況

 ・ 燃油  

23年1~3月期    購入した燃油1キロリットルあたり    4,360円

23年4~6月期    購入した燃油1キロリットルあたり    7,680円

23年7~9月期    購入した燃油1キロリットルあたり    2,760円

 ・ 配合飼料   

22年7~9月期    購入した配合飼料1トンあたり    4,030円 

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

漁政部漁業保険管理官
担当者:大石、向井(漁業収入安定対策事業関係)
代表:03-3502-8111(内線6635)
ダイヤルイン:03-6744-2356
FAX:03-3502-0827

漁政部企画課
担当者:保科、芳之内(漁業経営セーフティーネット構築事業のうち燃油関係)
代表:03-3502-8111(内線6574)
ダイヤルイン:03-6744-2341
FAX:03-3501-5097

増殖推進部栽培養殖課
担当者:前、早乙女 (漁業経営セーフティーネット構築事業のうち配合飼料関係)
代表:03-3502-8111(内線6820)
ダイヤルイン:03-6744-2383
FAX:03-6744-2386

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図