このページの本文へ移動

水産庁

メニュー

プレスリリース

資源管理・漁業経営安定対策の実施状況(平成29年3月末現在)について

  • 印刷
平成29年5月26日
水 産 庁

水産庁は、平成23年度からスタートさせた「資源管理・収入安定対策」と「コスト対策」を組み合わせた総合的な経営安定対策である「資源管理・漁業経営安定対策」について、平成29年3月末現在の実施状況を取りまとめました。

1.概要

(1) 資源管理・収入安定対策において、当該対策の取組が進んでいることにより、漁業共済の加入率は75%に、漁業収入安定対策の加入率は69%に達しています。(数値には岩手県、宮城県及び福島県の数値を含む。)
(2) 漁業経営セーフティーネット構築事業への加入率は、燃油・配合飼料共に、100%となりました。

2.資源管理・収入安定対策

  平成29年3月末 (参考)
平成29年3月末
(注1)
(参考)
平成24年3月末
(事業創設年度)(注1)
共済加入率

(うち収入安定対策分)
75%

(69%)
76%

(69%)
66%

(55%)
共済加入件数

(うち収入安定対策分)
28,404件

(24,435件)
25,671件

(21,798件)
23,576件

(17,816件)
注1.参考値の加入率及び加入件数に岩手県、宮城県及び福島県の数値は含まれていません。
注2.加入率:加入者の漁業生産金額 / 全国の漁業生産金額を基に計算したものです。

3.コスト対策(漁業経営セーフティーネット構築事業)

  平成29年3月末   
平成23年3月末
(事業創設年度)

        燃油
         ・加入率
         ・加入件数

100%(注)
28,973件

32%
3,258件
         配合飼料
         ・加入率
         ・加入件数

100%(注)
1,642件

22%
205件
注.漁業者による年間の燃油・配合飼料使用量のデータがないため、燃油は、平成28年度の年間燃油申込数量 / 全国の推定年間燃油使用量(平成27年)、配合飼料は、平成28年度の年間配合飼料申込数量 / 全国の推定年間配合飼料生産量(平成28年)として計算しております。今回、その計算値が100%を超えた(燃油101%、配合飼料113%)ことから、加入率を100%と推計しています。

◯ 平成25年7月より実施している「漁業用燃油緊急特別対策」の平成29年3月末の加入状況は、加入件数21,810件、燃油申込数量ベースの加入率は89%となっています。

<添付資料>
漁業経営セーフティーネット構築事業の補てんの状況(PDF : 43KB)

お問合せ先

(漁業収入安定対策事業関係)
漁政部漁業保険管理官
担当者:井上、武田
代表:03-3502-8111(内線6635)
ダイヤルイン:03-6744-2356
FAX番号:03-3502-0827

(漁業経営セーフティーネット構築事業のうち燃油関係)
漁政部企画課
担当者:大久保、山川
代表:03-3502-8111(内線6574)
ダイヤルイン:03-6744-2341
FAX番号:03-3501-5097

(漁業経営セーフティーネット構築事業のうち配合飼料関係)
増殖推進部栽培養殖課
担当者:伊佐、中井
代表:03-3502-8111(内線6820)
ダイヤルイン:03-6744-2383
FAX番号:03-6744-2386