English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 各府省庁の食堂における被災地産水産物の利用促進について


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年3月4日

水産庁

各府省庁の食堂における被災地産水産物の利用促進について

 農林水産省は、汚染水漏洩等の影響により風評被害を受ける可能性のある水産物に対する正確な理解の促進を図るため、食堂を有する全ての府省庁と連携して、職員食堂で特別メニューを提供します。

1.実施期間

 平成26年3月10日(月曜日)~14日(金曜日)

 

2.使用水産物

 ギンザケ(宮城県産)、ヤリイカ(福島県産)、イワシの開き(茨城県産)等

 

3.場所

 食堂:(1)農林水産省 本館「第一食堂」(地下1階)

    (2)農林水産省 北別館「咲くら」(1階)

    (3)農林水産省 南別館「北のグリル」(地下1階)

 所在地:東京都 千代田区 霞が関1-2-1 

※「第一食堂」、「北のグリル」を御利用の場合、入館手続きが必要です。各玄関の守衛へ「第一食堂(又は北のグリル)に行きたい」と伝え、入館手続きを行ってください(身分証明書の提示が必要です)。

 「咲くら」は、入館手続きが不要です。

 

4.その他

・実施期間中であっても、特別メニュー用水産物がなくなり次第、提供は終了とします。

・食堂内にポスターを展示し、来場者に福島の試験操業や水産物の安全性に関する情報を提供します。

・期間中、内閣府本府、宮内庁、総務省、法務省、外務省、財務省、文部科学省、厚生労働省、経済産業省、特許庁、国土交通省、気象庁、防衛省の一部でも被災地産水産物を食材として使用します。(一般の方の食堂利用目的の入館は、原則できませんので御注意ください。)

 

〈添付資料〉

・案内ポスターについて


<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

漁政部加工流通課
担当者:企画調査班 岡野、石塚
代表:03-3502-8111(内線6617)
ダイヤルイン:03-3591-5612
FAX:03-3508-1357

資源管理部漁業調整課
担当者:漁船漁業対策室 馬場、藤田
代表:03-3502-8111(内線6702)
ダイヤルイン:03-3502-8469
FAX:03-3501-1019

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図