English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > のりの輸入割当(IQ)に関する日韓協議の結果について


ここから本文です。

プレスリリース

平成27年12月9日

水産庁

のりの輸入割当(IQ)に関する日韓協議の結果について

水産庁と韓国海洋水産部は、毎年ののりのIQ枠(輸入割当枚数)を10年後(2025年)に27億枚まで徐々に拡大すること等で合意しました。

1.概要

水産庁と韓国海洋水産部は、我が国が韓国から輸入するのりに関する協議の結果、12月9日(水曜日)、毎年のIQ枠(輸入割当枚数)を10年後(2025年)に27億枚まで徐々に拡大すること等で合意しました。

 

2.経緯

我が国が韓国から輸入するのりについては、2006年1月の日韓両国間の合意により、本年(2015年)までの10年間に、IQ枠を12億枚まで徐々に拡大してきました。
今回の協議は、当時の合意に基づき、2016年以降のIQ枠等について韓国海洋水産部との間で行ったものです。

 

 

 

(参考)最近の韓国からののり輸入割当枚数と輸入実績枚数

(百万枚)

  2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
輸入割当枚数 722 818 913 1,009 1,104 1,200
輸入実績枚数 384

614

838 766 854

- 

 

 

 

 

(通関実績報告より)

 

 

お問い合わせ先

漁政部加工流通課水産物貿易対策室
担当者:廣山、中里
代表:03-3502-8111(内線6610)
ダイヤルイン:03-3501-1961
FAX:03-3591-6867

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図