English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 第3回日中漁業取締実務者協議の結果について


ここから本文です。

プレスリリース

平成19年9月14日

水産庁

標記協議の結果概要は、下記のとおりです。

 

  1. 開催日程  平成19年9月12日(水曜日)
  2. 開催場所  中国(上海)
  3. 出席者
    日本側:二川和夫 (ふたがわ かずお)水産庁管理課指導監督室長ほか
    中国側:鐘小金(チオン シヤオチン)農業部漁政指揮センター指揮処処長ほか
  4. 協議結果の概要

(1)日本側より、中国漁船による我が国EEZにおける立入検査忌避等の悪質な違反及び日中暫定措置水域における双方の漁船による操業トラブルの再発防止に向け、中国側の指導及び取締りを徹底するよう要請した。


(2)また、日本側より、北太平洋における中国漁船の公海流し網操業(*)並びに中国漁船の緊急避泊の際における未通報入域及び廃棄物投棄の再発防止についても、中国側の指導及び取締りの強化を申し入れた。


(3)これに対し、中国側より、暫定措置水域及び北太平洋における取締りの強化に努め、国内関係漁業者に対する指導も再度徹底して行う旨回答があり、双方の取締部局による協力体制を今後とも継続・強化していく旨確認した。


(4)なお、次回協議の開催については、今後、外交ルートで調整することとした。

 * 公海における流し網操業は国連決議により禁止されている。

お問い合わせ先

資源管理部管理課
担当者:大森、今井
代表:03-3502-8111(内線6670)
ダイヤルイン:03-3502-3805

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図