English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > かじき等流し網漁業者等を漁業関係法令違反容疑で書類送検


ここから本文です。

プレスリリース

平成19年9月20日

水産庁

1. 事件の概要

平成19年6月12日午後5時13分ころ、水産庁漁業取締船「しんゆう」が、宮城県金華山灯台の東方約600kmの、かじき等流し網漁業が禁止されている公海上で操業中の青森県籍のかじき等流し網漁船第二永寿丸を現認し、同日、当該漁船の船長兼漁労長を検挙した。
捜査の結果、公海上で許可なく採捕することが禁止されている「びんなが」125尾と「かつお」9尾、合計およそ600キログラムを不法に採捕していたことも判明した。

 

2. 罪 名

(1)承認漁業等の取締りに関する省令違反
     同省令第21条において準用する第17条(禁止区域内操業)、
     同省令第30条(両罰規定)

(2)指定漁業の許可及び取締り等に関する省令違反
     同省令第91条の2第1項(禁止魚種採捕)、
     同省令第109条(両罰規定)

 

3. 犯罪の用に供された船舶等

(1)船 名:第二永寿丸
(2)総トン数:140トン
(3)漁業種類:かじき等流し網漁業
(4)漁船登録番号:AM1-486

 

お問い合わせ先

資源管理部管理課
担当者:光冨
代表:03-3502-8111(内線6671)
ダイヤルイン:03-3502-0942

水産庁仙台漁業調整事務所
担当者:漁業監督課長 高木
連絡先:直通 022-291-2774

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図