English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 「第22回瀬戸内海広域漁業調整委員会」の開催及び一般傍聴について


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年10月5日

水産庁

「第22回 瀬戸内海広域漁業調整委員会」の開催及び一般傍聴について

水産庁は、「第22回 瀬戸内海広域漁業調整委員会」を平成23年10月17日(月曜日)に開催します。会議は公開です。ただし、カメラ撮影は冒頭のみとします。

1. 概要

我が国周辺水域における水産資源の管理を適切に行うため、都道府県の区域を越えて広域的に分布回遊する水産資源に係る協議・調整を行うことを主な目的として太平洋、瀬戸内海及び日本海・九州西の各海域ごとに広域漁業調整委員会が設置されています。

今般、「第22回 瀬戸内海広域漁業調整委員会」において、3の議題のとおり、議論を行います。

なお、今回の会議資料及び議事録は、後日、次のURLのページで公開します。

http://www.jfa.maff.go.jp/j/suisin/s_kouiki/setouti/index.html

2.日時及び場所

日時: 平成23年10月17日(月曜日)13時30分~

場所: パレス神戸 2階 大会議室

(兵庫県 神戸市 中央区 下山手通 5丁目 1番 16号)

3.議題

(1)資源回復計画の実施状況について

(2)資源回復計画の評価・総括について

(3)今後の広域的な資源管理のための連携・協力の推進について

(4)資源回復計画終了後の取組・実施体制について

(5)資源管理に関する連絡・報告事項について

(6)その他

4.傍聴の申込み

傍聴可能人数は30名程度です。傍聴を希望される場合は10月11日(火曜日)17時までに、所属、役職、氏名及び連絡先(FAX番号)を明記の上、FAXにてお申し込みください。

FAX送付先: 078-392-0464

水産庁 瀬戸内海漁業調整事務所 調整課 宛て

なお、傍聴希望が多数の場合は、途中で受付を締め切らせていただきますので、あらかじめ御了承願います。

出席の可否については、10月12日(水曜日)17時までにお知らせいたします。

 5.傍聴に当たっての留意事項

傍聴に当たり、次の留意事項を順守してください。
これらを守れない場合は、傍聴をお断りすることがあります。

(1)事務局の指定した場所以外の場所に立ち入らないこと。

(2)携帯電話等の電源は必ず切って傍聴すること。

(3)傍聴中は静粛を旨とし、以下の行為を慎むこと。

委員及び意見公述人の発言に対する賛否の表明又は拍手
傍聴中の入退席(ただし、やむを得ない場合を除く。)
報道関係者の方々を除き、会場においてのカメラ、テープレコーダー、ワイヤレスマイク等の使用
新聞、雑誌その他議案に関連のない書類等の読書
喫煙

(4)銃砲刀剣類その他危険なものを議場に持ち込まないこと。

(5)その他、会長及び事務局職員の指示に従うこと。

お問い合わせ先

資源管理部管理課
担当者:資源管理推進室 鏑木、高橋
代表:03-3502-8111(内線6664)
ダイヤルイン:03-6744-2361
FAX:03-5510-3397

瀬戸内海広域漁業調整委員会事務局
(水産庁 瀬戸内海漁業調整事務所)
担当者:山川、平松
ダイヤルイン:078-392-2284
FAX:078-392-0464

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図