English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 「第4回 ロシア水域における適正操業に関する検討チーム会合」の開催及び一般傍聴について


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年12月22日

水産庁

「第4回 ロシア水域における適正操業に関する検討チーム会合」の開催及び一般傍聴について

水産庁は、平成23年12月26日(月曜日)13時30分から「第4回 ロシア水域における適正操業に関する検討チーム会合」を農林水産省第10共用会議室で開催します。

今回の会議は原則公開です。ただし、カメラ撮影は冒頭のみとします。

1.概要

水産庁は、遠洋底びき網漁船(北転船)の過剰漁獲問題を踏まえ、ロシア水域に入漁する他の我が国漁船についても、違法漁獲が生じていないか調査するとともに、今後このような問題が生じないよう有効な対策を検討することで、同水域における我が国漁業の操業の適正化を図ることを目的として、「ロシア水域における適正操業に関する検討チーム」を立ち上げました。

この度、「第4回 ロシア水域における適正操業検に関する検討チーム会合」を開催します。

 

なお、今回の会議資料及び議事録は、会議終了後に次のURLページで公開することとしています。

http://www.jfa.maff.go.jp/j/study/kanri/rosia/index.html

2.日時及び場所

日時:平成23年12月26日(月曜日)13時30分~

会場:農林水産省 本館7階 第10共用会議室(ドアNo.本767)

所在地:東京都 千代田区 霞ヶ関1-2-1

3.議題

報告書のとりまとめについて

4.傍聴希望者の受付

傍聴の受付は、会場の入口で当日13時10分から行います。

開会直前の受付は混雑することが予想されますので、余裕をもってお越しください。

なお、傍聴希望者が多数の場合は、座席が確保できず立ち見をお願いする場合がございますので、その際は御了承ください。

5.傍聴に当たっての留意事項

傍聴に当たり、次の留意事項を順守してください。
これらを守れない場合は、傍聴をお断りする、又は途中退席していただくことがあります。

(1)事務局の指定した場所以外の場所に立ち入らないこと。

(2)携帯電話等の電源は必ず切って傍聴すること。

(3)傍聴中は静粛を旨とし、以下の行為を慎むこと。

(4)銃砲刀剣類その他危険なものを議場に持ち込まないこと。

(5)その他、事務局職員の指示に従うこと。

なお、傍聴受付によって得られた個人情報は厳重に管理します。

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

資源管理部管理課
担当者:石川、鈴木
代表:03-3502-8111(内線6654)
ダイヤルイン:03-3502-8437
FAX:03-3502-0794

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図