English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 燃油高騰水産業緊急対策について


ここから本文です。

プレスリリース

平成20年7月28日

水産庁

燃油高騰水産業緊急対策について

燃油価格の急激な高騰を踏まえ、漁業に対する緊急対策を決定しましたので、お知らせします。

対策の概要

1 省燃油実証事業の創設

燃油消費量を1割以上削減する操業の実証を行う漁業者グループに対し燃油費の増加分に着目した支援を行います。

 

2 省エネ機器等導入の支援

沿岸漁業改善資金(無利子資金)の要件を見直し、同じ漁業者が繰り返して省エネ施設・機器を導入する際に融資します。

3 省エネ操業の支援

省エネ操業を行うのに必要な運転資金を無利子で融資します。

4 休漁・減船等支援対策

燃油高騰を踏まえ、漁業者の負担を義務付けない等漁業種類の実情に応じた休漁・減船等を支援します。

5 国際漁業対策

国際的規制に加え、燃油高騰等も踏まえた減船に対して支援します。

6 流通の多様化等を通じた手取りの確保

漁業者の手取りの確保に資するよう、水産物買取規模の拡大、直接取引の支援措置の改善、養殖餌料の直接取引を支援する事業の新設を行います。

お問い合わせ先

漁政部水産経営課
担当者:燃油高騰対策推進PT室井上、原口、渡邉
代表:03-3502-8111(内線6785)
ダイヤルイン:03-6744-2134
FAX:03-3595-1426

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図