English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 「次期漁港漁場整備長期計画に関する技術検討会(広島)」の開催及び一般傍聴について


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年10月13日

水産庁

「次期漁港漁場整備長期計画に関する技術検討会(広島)」の開催及び一般傍聴について

 水産庁は、平成23年10月17日(月曜日)13時30分より、「次期漁港漁場整備長期計画に関する技術検討会(広島)」を開催いたします。

会議は公開です。ただし、カメラ撮影は冒頭のみとします。

1.概要

漁港・漁場・漁村の整備を総合的かつ計画的に推進していくため、5年を一期として策定している漁港漁場整備長期計画の現行計画は、本年度をもって終期をむかえます。

現在、水産庁では、平成24年度からの新たな長期計画の策定にむけて、今般の東日本大震災による被害等を踏まえて、その重点課題について、検討しているところです。

そこで、この度、次期長期計画における重点課題等について、行政関係者及び漁業関係者にお集まりいただき、様々な角度から議論いただくことを目的として技術検討会を開催いたします。

また、この検討会は、全5回(開催地:青森県、神奈川県、広島県、長崎県、水産庁(総括))で、各種テーマについて議論いただきます。

なお、今回の会議資料及び議事の概要は、会議終了後に次のURLページで公開することとしています。

2.日時及び場所

日時:平成23年10月17日(月曜日)13時30分~16時30分

場所:広島県農林庁舎 101会議室(県庁敷地内)

広島県 広島市 中区 基町 10-52

3.予定議題

東日本大震災の経験を踏まえた漁港・漁場・漁村の防災・減災対策について

4.傍聴の申込み

当日の傍聴席は、10席程度を予定しております。

傍聴を希望される場合には10月14日(金曜日)の14時00分までに、所属、役職、氏名、連絡先(電話番号、FAX番号又は電子メールアドレス及び「漁港漁場整備長期計画に関する技術検討会(広島)」傍聴希望の旨をFAX又はインターネット(https://www.contact.maff.go.jp/jfa/form/8147.html)にてお申込みください。

FAX送付先:03-3581-0326

水産庁 漁港漁場整備部 計画課 計画班 宛

 

なお、傍聴希望多数の場合は、途中で受付を締め切らせていただきます。

その場合は、傍聴の可否を10月14日(金曜日)の16時00分までにお申込みのあった方にお知らせいたします。

5.傍聴に当たっての留意事項

傍聴に当たり、次の留意事項を順守してください。

これらを守れない場合は、傍聴をお断りすることがあります。

(1)事務局の指定した場所以外の場所に立ち入らないこと。

(2)携帯電話等の電源は必ず切って傍聴すること。

(3)傍聴中は静粛を旨とし、以下の行為を慎むこと。

  • 委員及び意見公述人の発言に対する賛否の表明又は拍手
  • 傍聴中の入退席(ただし、やむを得ない場合を除く。)
  • 報道関係者の方々を除き、会場においてのカメラ、テープレコーダー、ワイヤレスマイク等の使用
  • 新聞、雑誌その他議案に関連のない書類等の読書
  • 飲食及び喫煙

(4)銃砲刀剣類その他危険なものを議場に持ち込まないこと。

(5)その他、事務局職員の指示に従うこと。

お問い合わせ先

漁港漁場整備部計画課
担当者:計画班 成田、安田
代表:03-3502-8111(内線6843)
ダイヤルイン:03-6744-2387
FAX:03-3581-0326

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図